えっ!?アトピーは情緒不安定になりやすい?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 肌の状態によってその日の気分が変わる。アトピーにとってはよくあることだ。

顔のアトピーが酷くなると・・・

 ある日起きると顔の右側があれて酷くなっていた。理由はよくわからない。顔のアトピーが酷くなると必要以上に周りを気にしてしまう。顔を見られないようにわざと半身になったり、横を向いてしゃべったりしてしまうのだ。周りはそこまで気にしていないので見ていて滑稽だっただろう。

 更に酷くなると何もかもが嫌になって人と会いたくなくなってくる。何度も「あ~もう嫌だ・・・」とため息をついて、状態によっては軽いひきこもりのようになってしまうこともある。

調子が良いとテンションが上がる

 逆に肌の調子が良いと光が射し込んだようにテンションが跳ね上がり笑顔満載になる。アトピーとはそう言う病気だ。端から見ると「アトピーの奴って情緒不安定だな」って思われるかもしれない。

肌の状態によって一喜一憂

 こんなアトピーと30年以上付き合ってきた。今ではアトピーが安定しているのでそこまで情緒不安定になることはないが、肌の状態によって一喜一憂している。これは一生変わらないだろう。

 精神的に強くなれれば良いのだが、そうは上手くいかない。アトピーのせいにする訳ではないが、精神的にはどんどん弱くなっているような気もする。でもこんなアトピーとも上手に付き合っていかないといけない。なかなか厄介な連れだが一生引き連れていかないといけない。できるだけ楽しく付き合っていきたいとは思っているが・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする