この見事なダーティーネックはアトピーと戦った証!

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 私の首はさざ波様に黒く色素沈着している。俗にいうダーティーネックだ。見事なダーティーネックだろう。ここまで見事に色素沈着している人は少ないのではないだろうか。別に自慢することではなのだが・・・

ダーティーネックは炎症に耐えてきた証

By: Ada Be

By: Ada Be

 これは長い長いアトピーとの戦いの証だ。何十年にも及ぶアトピーの炎症に耐えてきた勲章だ。炎症を起こし首にダメージを与え続けたので、このような色素が沈着してしまったのだ。この首を見る度に「よく今まで戦ってきたな」と自分で自分を褒めたくなる。本当に辛い日々だったがよく頑張ったと思う。

ダーティーネックは消えない

 一時はこの色素沈着している首が嫌で嫌で仕方がなかった。やはり見た目が良くないからだ。人の視線が首筋にいくと「ハァ〜」と心の中でため息をついていた。ただ、この色素沈着はどうすることもできない。長年の炎症による皮膚のダメージが蓄積してできたものなので、消すことは恐らく無理なのだ。

人はそこまで気にしていない

 それなら「この色素沈着も自分の個性だ」と考えるようにした。汚く見た目が悪い首ではなく、よくアトピーに耐えて頑張った首だと思うようにしたのだ。

 そうすると気持ちが楽になった。自分のこの首の色素沈着も気にならなくなった。そして自分が思っているほど、人は気にしていないことがわかった。自分が「こんな首を見られるのは嫌だな」と思っていても、ほとんどの人が気にしていない。そんなもんなのだ。

気持ちよく付き合っていく

 これからもこの首の色素沈着とは一生付き合っていかないといけない。それなら気持ちよく付き合っていく方が良いではないか。首を見る度に私は思うようにしている。「あの辛い日々をよく頑張ったよな」と。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする