アトピーだけどバレンタインデーぐらいチョコを食べようか

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 今日はバレンタインデー。結婚してから毎年奥さんからチョコを貰っている。いつもお洒落で美味しいチョコをくれるのだが今年は「ピエールマルコリーニ」のチョコをもらった。流行に疎い私なのだがどうやらかなり有名なチョコらしい。

 普段はチョコなど甘いものは食べないようにしている。チョコを食べ過ぎると皮膚があれてアトピーが悪化するからだ。原因としてはチョコには油脂や砂糖が多く含まれていること、またカカオによるアレルギー反応促進作用のためだと言われている。

 でもバレンタインデーぐらい良いではないか。奥さんが選んでくれたチョコを美味しく頂こうと思う。チョコを一口食べる。濃厚な甘さと上品なカカオの香りが口の中で広がる。「アトピーのために制限し過ぎるのも良くないな」と言い訳をしながら二口、三口と食べた。幸せな気分になった。

 学生の頃はバレンタインデーと言ってもほとんど思い出はない。中学生の頃はアトピー性皮膚炎が比較的落ち着いていたのだが義理チョコを数個貰った程度。そして高校生の頃は脱ステロイドでアトピーが悲惨な状態だったのでチョコなんて貰えなかった。だからバレンタインデーと言っても甘酸っぱいような思い出は全くない。

 でも今こうして奥さんからチョコを貰って幸せな気分になっている。アトピー性皮膚炎で学生のときには味わえなかったがバレンタインデーって良いものだなと実感した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする