アトピーでも日焼け対策をしてプールに行こうっ!

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 ミーンミンミンミンミンミンミン・・・・

 暑い、暑過ぎる。エアコンをつけていても体から汗が吹き出てくる。体感温度は30℃以上あるのではないだろうか。テレビでは今日も猛暑日になるようなことを言っている。いつも元気で外を走り回っている娘も暑さでぐったりしている。そこで娘を連れて市民プールに涼みに行くことにした。

アトピーにとって紫外線は天敵

 ただプールに出かけると言っても私の場合は簡単にはすまない。肌を紫外線から守るための万全な準備が必要なのだ。アトピーの肌にとって紫外線は天敵だからだ。

サンライト50で紫外線対策

 まず一番大切なのは日焼け止めだ。紫外線が当たる場所全てに余すところなく塗らなければならない。使っている日焼け止めはニュースキンジャパン株式会社から発売されているNU SKIN ニュースキン サンライト50 100gだ。SPF50・PA++++のものだ。奥さんが使っているので私も使用している。本当はアトピーの薬以外を肌に塗るのには抵抗がある。それで肌が荒れないか心配だからだ。でもこの日焼け止めは肌荒れもなく使うことができる。私の肌には合っているのだろう。顔や首筋、手の甲、足など紫外線が当たる場所全てにたっぷりと塗る。

ラッシュガードは長袖フード付き

 そして次ぎに必要なことがラッシュガートの着用だ。ラッシュガードは体を紫外線から守るための言わば防護服のようなものだ。男性用のラッシュガードは半袖のものが多い。しかし私は長袖のものでしかもフード付きのラッシュガードを使っている。腕や首を紫外線からカバーするためにはこれがベストなのだ。日焼け止め、ラッシュガードの準備ができたらいよいよ出発だ。

娘と一緒のプールで幸せを感じる

 市営プールに着くと大勢の人で賑わっていた。ほとんどが小さな子供を連れたお父さんお母さんだ。私の娘もまだ小さく小学一年生だ。まだ親と一緒に遊んでくれる年齢で「子供とこんなところに来れるのは今のうちだけなんだろうなぁ」としみじみ感じていた。そしてアトピーが酷かった頃には子供と一緒にプールに来るなんて想像もできなかったので「幸せだな〜」と思いながら浮き輪で浮かんでいた。晴天の青空から照りつける容赦ない紫外線、プールの水面から反射するアッパーカットのような紫外線に「肌は大丈夫かな」と心配しながらも娘と来れる喜びを噛み締めていた。

紫外線を浴びた後の対応

 プールで2時間ほど楽しみ帰ってきた。帰ってくるとすぐにやるべきことがある。それはシャワーを浴びることだ。いくら紫外線対策を行っているとはいえ肌はダメージを受け熱をおびている。そのためシャワーで冷やしてやる必要がある。更にたっぷりと塗った日焼け止めをしっかりと洗い流さないといけない。洗い流したあとは、ステロイドの塗り薬を塗って肌を労っている。

アトピー対策を行いやりたいことは躊躇せずにやる

 屋外のプールで紫外線を浴びる。正直アトピーには良くないだろう。実際肌には少なからず悪い影響が出ている。プールに行ったあと数日は肌が少し赤みを帯び痒みが増すこともある。でもアトピーだからと言ってやりたいことを諦めたくはない。アトピーが酷いときには色々なことを制限してきたから状態が軽快している今は諦めたくないのだ。肌へのダメージを完全に防ぐことはできないが、紫外線対策を行えばダメージを最小限に抑えることはできる。だからこれからもアトピー対策を十分に行いやりたいことは躊躇せずにやっていこうと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする