アトピーの私が生活習慣で注意していることランキング

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピー性皮膚炎を良くすること。もはや私の使命と化している。ステロイド外用薬や保湿剤での薬物治療はもちろんだが、アトピーの場合は生活習慣にも注意を払った方が良い。そこで今回は私がアトピーをより良くするために生活習慣で注意していることをランキング形式でお伝えする。

第5位 紫外線対策

 アトピー性皮膚炎にとって紫外線は天敵だ。防御能力が最弱である私の肌は紫外線を浴びるとすぐに炎症を起こしてしまう。写真は紫外線対策を行わずに屋外にいたときのものだ。

 このように紫外線を浴びればすぐに炎症を起こし火傷のような状態になることもある。だから屋外に行くときには万全な紫外線対策が必要だ。

第4位 早寝早起き

 「お肌のために早く寝る」これは大切なことだ。こんなことを言うと「結婚適齢期のOLかよっ!」とツッコまれそうだがアトピーである私には早寝早起きは三文の得・・・いや三萬の得ぐらいの価値がある。知る人ぞ知る睡眠にはお肌にとってのゴールデンタイムと呼ばれる時間がある。それは10時から2時の間だ。この間に寝ているとお肌に良い影響を与える成長ホルモンがたくさん分泌されるのだ。だから9時頃には寝るようにしている。

 そして早起き。さすがに9時に寝るようにするためには残業などはできない。だから早起きして朝に仕事をこなすようにしている。朝は頭が冴えていて仕事の効率がとても良い。夜遅くまで残業して働くより断然仕事がはかどるのだ。また残業は体への疲労もたまりアトピーにも悪影響を与えやすい。だから早寝早起きはアトピーにとって三萬の得ぐらいの価値があるのだ。

第3位 食べ過ぎない

 食べ過ぎはアトピーを悪化させる。これは私の経験上、間違いない。バイキングなどで大量に食べ過ぎた翌日はアトピーによる湿疹が悪化する。

 これは腸内環境が免疫に関与しているからだろう。食べ過ぎることにより胃腸には負担がかかる。負担がかかると免疫にも影響しアトピーの悪化に繫がるのだ

 だから私は食べ過ぎないようにしている。お腹いっぱいになるまで食べずに腹八分にしているのだ。また、食べる順番も気にしておりサラダなどの野菜から食べるようにしている。そうすることで食べる量を抑えることができるのだ。

第2位 入浴回数

 朝と夜の一日二回の入浴は私にとって習慣になっている。入浴することにより肌をきれいに保てるし保湿効果も高まる。また血行が良くなっている肌にアトピーの薬を塗ることによって効果も上がるように思う。これを朝と夜の一日二回行うことによってアトピーを良い状態に保つことができるのだ。事実、一日二回入浴するようになって肌の調子は随分良くなった。面倒と思うかもしれないがこれも習慣の問題なので慣れればどうってことはない。その分早起きすれば良いだけの話だ。

第1位 排便習慣

 栄えある第1位は毎日の排便習慣だ。要するに便秘をしないことだ。「なんだそんなことかよ!」とがっかりされたあなた!便秘を甘く見てはいけない。便秘するとアトピーは悪化するのだ。便秘により腸内環境は悪化する。前述したが腸が乱れると免疫にも悪影響を与える。アトピーが重症化していた頃の私はかなりの便秘症だった。一週間でないこともざらにあった。それが毎日排便するようになって肌の調子が良くなっていったのだ。嘘だと思うかもしれないがアトピー性皮膚炎で苦しんでいて便秘症なら是非便秘の改善に取り組んでほしい。便秘だけがアトピー悪化の要因とは言わないが、毎日の排便習慣をつければあなたの肌も良くなるかもしれない。

アトピーのために楽しく習慣化する

 ランキング形式にしたが、どれもアトピー性皮膚炎を良くするためには大切なことだ。このように書くと色々と制限しなければいけないように見えるかもしれないが、そうではなく気軽に習慣化することが大切だ。なるべく負担と考えず楽しく生活習慣を改善していければ良いと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする