アトピー治療のゴールは快適に日常生活を送れるようにすること

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 「アトピー治療のゴール。それはアトピーの完治だ!」と思っている人もいるだろう。ステロイド外用薬などの薬を全く使わなくても良いような完治の状態にもっていくこと。それを目指している人も多い。

アトピーは完治しない

Rear view of a business man giving a speech at a seminar

Rear view of a business man giving a speech at a seminar

 でも私は違う。悲観的なことを言うつもり全くないのだが、アトピーは完治しない。軽症アトピーなら完治も望めるかもしれないが私のように中程度アトピーであり重症化も経験しているものにとっては到底無理な話だ。ステロイド外用薬を継続使用してより良い状態を保つことが大切なのだ。

 だから私のアトピー治療のゴールは完治ではなく、日常生活を快適に送れるようにすること。見た目に引け目を感じず、かゆみに襲われない状態にすることだ。

アトピーを良好状態に保つことができれば

 今はその状態に近づきつつある。見た目で引け目を感じることはほとんどない。肌の状態が時折悪化することもあるが想定の範囲内だし、すぐに改善する。首筋などを見られると「あっこの人アトピーだな」と思われるかもしれないが、そこまで気にならない。また、かゆみに関しても多くの時間は治まっている。時々「痒いっ~!」と発狂しそうになるが、それも稀だ。かゆみ止めの薬を飲んでステロイド外用薬を適正に使用すれば良好状態を保つことができるのだ。

完治と同じ生活を送れれば

By: Jin

By: Jin

 アトピー治療のゴールとして完治を望む気持ちはもの凄くわかる。しかし、アトピーの状態によっては不可能なこともある。ただ、日常生活を快適に送れることができれば、それはもう完治したときの生活とほとんど同じではないだろうか。だから完治に拘らなくても私は良いような気がする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする