デスクワーク中にアトピー対策として気をつけていること

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 「カリカリカリ・・・」机に向かって資料を作成する。2時間、3時間と数字や文字との格闘が続く。まだまだ資料はできそうにない。だんだんと目に見えない疲労が蓄積される。ストレスが溜まって「いぃ~~!!」となってくる。星一徹のように机を引っくり返したい気分だ。

 仕事柄デスクワークをしなければいけないことがある。ただ、デスクワークが続くとアトピーが悪化する。やたらと皮膚がカサカサしてくるし炎症で赤くなってくるのだ。

 そこで今回はデスクワーク中にアトピー対策として私が気をつけていることをお伝えする。

湿度を高く保つ

 デスクワーク中の部屋の湿度は高く保った方が良い。乾燥で皮膚がカサカサしてくるからだ。乾燥している部屋で数時間もデスクワークをしているとストレスも伴いすぐにアトピーが悪化してしまう。だから私は人一倍湿度には気をつけている。小型の加湿器を用意し湿度を高く保つようにしている。

リドメックスローションをしっかり塗る

ridome

 デスクワークをしているとストレスから頭が異常に痒くなる。ボリボリ掻いてしまいたくなるのだ。ただ一度掻いてしまうとフケが落ちてきて、それが気になり更にかゆみが増してしまう。悪循環になってしまうのだ。だから頭皮を痒くない状態にしておくことが大切だ。それには処方されているステロイド外用薬をしっかり塗ることが大切だ。デスクワーク前には病院からもらっているリドメックスローションを頭皮に塗りかゆみがでないようにしている。

1時間半以上続けない

 私は机に座る時間を1時間半と決めている。それ以上は集中力が続かないからだ。集中力が切れた状態でデスクワークをしても効率が悪いどころか疲労が増しイライラしてしまう。イライラすると体が痒くなってくる。だから1 時間半経ったら小休憩をとるようにしている。

 また「ちょっと疲れそうだな」と思ったらすぐに休憩をとるようにしている。疲れてから休憩するのではなく、疲れそうなときに休憩することが大切だ。これにより疲労が溜まりにくくなりかゆみも軽減される。

デスクワークでアトピーを悪化させないように

 今回はデスクワーク中にアトピー対策として私が気をつけていることをお伝えした。デスクワークはストレスが溜まりやすくかゆみが増しアトピーが悪化してしまうこともある。だからその対策が大切だ。湿度を保ち頭皮のかゆみを抑え無理をしない。私はこの方法でなんとかデスクワークを乗り切っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする