弱虫ペダルの影響でアトピーの私が自転車通勤をするなら・・・?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 私の趣味は漫画だ。四十間近の大の大人だが漫画が大好きだ。そんな私が最近ハマっている漫画、それは「弱虫ペダル」と言う漫画だ。少年チャンピオンで連載されており自転車競技を通じて一人の冴えない少年が成長していく笑いあり涙ありの漫画だ。その漫画には「自転車」と言う乗り物の素晴らしさが凝縮されている。そんな漫画の影響で「自転車ってすごいなぁ〜」「自転車っていいよなぁ〜」と思うようになった。

 近頃では通勤で自転車を使っている人も多い。「弱虫ペダル」にでてくるような格好良い自転車に乗って軽やかに走っている姿をよく見かける。漫画に影響されている私は「いいなぁ〜俺も自転車通勤してみようかな・・・」と思っている。私の家から職場までは5km弱。自転車通勤できない距離ではない。むしろ自転車で行くには丁度良いぐらいの距離だ。ただ、アトピーの私が自転車通勤するには注意しなければいけないことがある。

①日焼け

 一番の問題は日焼け(紫外線)だ。アトピーにとって日焼けは天敵だ。日焼けをすると肌が炎症を起こしてしまい確実にアトピーが悪化するからだ。車に乗っているとUVカットガラスなどで守られているので日焼けを気にすることはないが、自転車通勤の場合はそうはいかない。直で紫外線を浴びてしまう。ただ、帽子やサングラスを着用したり日焼け止めを塗ったりすれば何とかなるかもしれない。それに自転車通勤を紫外線が弱い日限定にすれば大丈夫のような気もする。

②突然の雨

 
 雨に降られビショビショになると最悪だ。ステロイドの塗り薬がとれてしまい肌はカサカサになる。そして雨そのもので肌が荒れてしまうこともある。自転車通勤するにはその日の天気予報をしっかりとチェックする必要があるだろう。

③運動による赤い斑点

 私は運動をすると目のまわりやおでこに赤い斑点が現れる。かゆみはないのだが、見た目がよくない。だから運動のあとはなるべく人と会いたくない。自転車通勤をすると恐らくこの赤い斑点が現れるだろう。ただ、この赤い斑点は体が30分から1時間程してクールダウンしてくると消失する。だから自転車通勤するなら少し早めに会社に着くようにして赤い斑点が消失してから職場の同僚の前に現れるようにしたいと思う。

④汗をかく

 汗をかくとかゆみが増すことがあるし、ステロイドの塗り薬が落ちてしまうこともある。だから私はなるべく汗をかきたくはない。汗をかくとしてもその後すぐにお風呂に入り薬を塗れる状態にしておきたいのだ。ただ自転車通勤の場合はそうはいかない。自転車通勤をするなら汗対策が必須だ。タオルを必ず持っていき頻繁に汗を拭けば何とかなるようにも思う。

さぁ自転車通勤開始・・・!?

 アトピーの私が自転車通勤をするには注意しなければいけないことがある。ただ一つ一つ気をつければ何とかなりそうだ。「よしっ明日からでも自転車通勤をしよう!!・・・あっ・・・肝心の自転車がない・・・」まずは自転車購入のために小遣いをためなければ・・・(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする