旅行に必須!アトピーの私が旅行のときに必ず持っていくもの

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 旅行は楽しいものだがアトピーの私にとっては心配でもある。なぜなら旅行に行くとアトピーが悪化することがあるからだ。旅館やホテルに備え付けてあるものが合わなかったり、なかなか寝付けなかったりしてアトピーが悪化するのだ。

 だから旅行に行くときには必ず持っていくようにしているものがある。これらを持っていけば思う存分旅行を満喫することができる。

①いつもの寝間着

 旅館やホテルには寝間着が用意してあるので、普通ならわざわざ寝間着を持っていく必要はない。しかし旅館やホテルの寝間着を着ると痒くなったり、熟睡できなかったりすることがある。綿100%ではなかったりして体に合わないことがあるからだ。だから私は普段使っている自分の寝間着を持っていくようにしている。寝間着と言ってもTシャツを寝間着変わりにしている。私が使っている寝間着はユニクロの「スーピマコットンフライスVネックT」(2枚組で¥990 +消費税)だ。これは綿100%で肌触りが良いのでお気に入りの寝間着(Tシャツ)だ。

②いつものシャンプー、ボディーシャンプー

 旅館の浴場やホテルには備え付けのシャンプーやボディーシャンプーが置いてある。しかしそれを使うのは危険だ。刺激の強いものが置いてあることもあり、体に合わないとかゆみが増してアトピーが悪化するからだ。だから私はいつも使っているものを持っていくようにしている。ただシャンプーとボディーシャンプーを持っていくとそこそこかさ張るので面倒ではある。

③睡眠作用のある薬(コンスタン)

 旅館やホテルなど自分の家以外だと眠れないことが多い。環境が変わるとかゆみが増すこともあるし、安心できないのかわからないが眠れないのだ。睡眠不足になると疲れが溜まりアトピーも悪化しかねない。だから外泊でもぐっすり眠るために睡眠作用のある薬(コンスタン)を持っていくようにしている。コンスタンは近くの医院で処方してもらっている。

④抗ヒスタミン剤(フェキソフェナジン)

 外泊するとかゆみが増すことが多い。お風呂の水や布団などが違うし、ホテルでは部屋の空気が乾燥しているからだ。そんなかゆみに対応するためにかゆみ止めの抗ヒスタミン剤(フェキソフェナジン)を持っていくようにしている。そして旅行中はかゆみがなくても1日2回服用するようにしている。服用しておくとかゆみが軽減し旅行を楽しむことができる。フェキソフェナジンはいつも診てもらっている皮膚科医に処方してもらっている。フェキソフェナジン以外にもステロイドの塗り薬は勿論持っていき、外泊でも朝晩1日2回塗るようにしている。

旅行を思いっきり楽しむために・・・

 旅行でアトピーを悪化させたくはないし、アトピーのかゆみで旅行が楽しめないのも嫌だ。だから私が旅行に行くときにはこれらを持っていくようにしている。これらがあれば思いっきり旅行を楽しむことができる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする