染みるっ!頭皮があれているときの白髪染め

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 「痛っ!!染みる〜・・・」心の中で叫んだ。美容師さんとの世間話に相打ちをしながら痛みに歯を食いしばった。白髪染めのカラー液を塗られるたびに激痛が襲ってくるのだ。

 40歳のおっさん。黒髪から白髪に変わってきて最近では二ヶ月に一回白髪染めをしている。この時間が苦痛で仕方がないのだ。頭皮のアトピーの状態が良いときはなんてことは無いのだが、頭皮があれていると白髪染めのカラー液が染みて痛いのだ。

 カラー液は「ハーブカラー」と言って頭皮に優しいものを使ってもらっている(その分値段も高いが)。それでも染みるものは染みる。カラー液は塗ってから5分ぐらいそのまま放置していないといけない。その5分がとてつもなく長く感じる。「早く洗い流してくれ〜」と心の中で叫ぶ。

 やっと5分が経ち、暖かいお湯で頭皮のカラー液を洗い流してもらう。「痛みから解放された〜」この瞬間に幸せを感じる。それでもジンジンピリピリと痛みが残っている。

 本当は頭皮の状態が悪いときは白髪染めなんてしない方が良いのだろう。季節の変わり目でアトピーの状態が悪いときに行ってはダメなのだ。でも美容院は予約制だし難しいところだ。今度からはローションタイプの薬を頭皮にしっかり塗って良い状態にして白髪染めをしてもらおうと思う。こんな痛いのはもう勘弁だから(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする