突然、お尻のアトピーに悩まされる

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 最初にお詫び申し上げます。わかりにくいかもしれないがお尻です。40歳のおっさんの尻をお見せして申し訳ありません。不愉快な気持ちになったと思われます・・・でも、昨晩はお尻が猛烈に痒かった!痒くて痒くて掻きむしっていたら写真のようになってしまったのだ。

 原因はわからない。季節の変わり目のせいなのか睡眠不足のせいなのか少し食生活が乱れていたせいなのか・・・。思い当たる節はある。反省しないといけない。

 アトピーのかゆみって掻くとしばらくは落ち着くことがあるのだが、今回のかゆみは掻いても掻いても楽にならない。掻けば掻くほど倍々ゲームでかゆみが増していく。眠ることもできない。「どうすればいいんだ〜」と叫びたくなるほど辛かった。

 勿論、薬も塗っている。さすがにこれぐらい酷くなればベリーストロングクラスのマイザー軟膏を使わざるを得ない。掻いては手を洗って薬を塗り、掻いては手を洗って薬を塗りを繰り返した。そしてかゆみ止めのフェキソフェナジン、寝付きをよくするための安定剤であるコンスタンを飲んだ。

 お尻のアトピーは本当に厄介だ。薬を塗って仰向けになってしまうとパンツにベタッと患部がくっついてしまう。薬をたっぷり塗っているせいもあるのだろうが、くっついてパンツがカピカピになることもある。横向きになってお尻丸出しで寝たいぐらいだ。実際、少しの間はそうしていた(笑)。でもそれでは寝れないので少ししたらパンツを履いて上を向いた。するとパンツにベタッ。「あぁ〜気持ち悪い・・・」

 マイザー軟膏とフェキソフェナジン、そしてコンスタンを武器にかゆみと格闘した。正確な時間はわからないがだいだい1時間ほどすると薬が効いてきたのか眠たくなってきた。かゆみも軽減されてきてなんとか眠ることができた。

 翌朝みると少しマシになっていた。でもシャワーを浴びたらお尻がヒリヒリした。あんだけボリボリ掻けば痛みがでるのも当然だ。患部を清潔にして薬をしっかり塗り続けて早くお尻のかゆみから解放されたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする