アトピーに向いている仕事って何だろう?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

「アトピーでこの先どんな仕事に就いたら良いのかわからない。なるべくアトピーを悪化させない仕事って何?」と悩んでいませんか?

そんな方にむけてアトピーに向いている仕事について記事を書きました!

——————————————————————————————————
 

・ アトピーとうまく付き合っていける仕事がしたい

・ アトピーを悪化させない仕事を知りたい

・ アトピーなので将来の就職が心配


——————————————————————————————————

本記事を読めばアトピーの方に向いている仕事について理解してもらえると思います。

アトピーの重症度によって向いている仕事は違う

大前提としてアトピーの状態によって向いている仕事は違ってきます。

軽症アトピーならそこまで気にならないことでも重症アトピーの場合はとても難しいこともあります。

そこでアトピーの重症度別に向いている仕事について書いていきます。

軽症〜中等症アトピーに向いている仕事は薬剤師

ではまず軽症〜中等症アトピーに向いている仕事について書いていきます。

私がお勧めする職業は薬剤師です。

理由は3つあります。

1. 国家資格で安心

2. 労働環境が良い

3. アトピーに関する知識がつく

1. 国家資格で安心

薬剤師は国家試験に合格しないと取得できない国家資格です。

やはり国家資格を持っているのは安心です。

私の偏見かもしれませんがアトピーだと自分に自信が持てないものです。

見た目にコンプレックスを持っていることが内面的な自信を奪っているのかもしれません。

そんな自信のなさを薬剤師と言うステータスで補うことができるのです。

薬剤師という資格を持っていることがきっと心の拠り所になります。

2. 労働環境が良い

基本的に薬剤師の仕事は病院や薬局の中であり室内です。

さらに暑いときには冷房が、寒いときには暖房がきいておりとても快適です。

室内で快適な環境と言うのはアトピーにとってとても大切です。

外で紫外線を浴びて汗をかくのはアトピーにとっては拷問と同じで、一気に悪化してしまいます。

また、薬剤師の転職状況は売り手市場であり転職にもとても有利です。

万が一アトピーが悪化してしばらく休職したくなっても、一時的に休んで復帰するのが容易なのです。

地域にもよりますが現在では薬剤師不足ですぐに転職先が見つかる状況です。

パート勤務を募集しているところも多くあり多様な働き方も可能です。

例えば、「通院で水曜日は仕事を休みたい」「ストレスを溜めないためにも時短勤務をしたい」などの要望も通りやすいです。

薬剤師は労働環境がかなり良い職業なのです。

3. アトピーに関する知識がつく

アトピー治療はステロイド剤と保湿剤の使用がまだまだ主流ではありますが少しづつ変わってきています。

新しいタイプの塗り薬だったり注射薬だったりが登場しています。

そんな情報をいち早く入手できて適正に使用する方法を知れるのが薬剤師です。

自分の健康に関する知識がそのまま仕事の知識に繋がるのは究極の一石二鳥ではないでしょうか。

重症アトピーに向いている仕事はアフィリエイターやユーチューバー

次に重症アトピーに向いている仕事について書いていきます。

正直、重症アトピーの状態では仕事をするよりも治療に専念して欲しい気持ちの方が大きいです。

私も脱ステロイドをしてしまったときに重症化を経験しています。

そのときの状態で働けと言われても無理です。

強烈な痒みで集中力も続かないし他人とコミュニケーションをとることも難しい。

見た目も辛い状態になっているでしょう。

仕事をストレスに感じてしまって更にアトピーが悪化してしまいかねないので働くことをお勧めしません。

それでもそんな中でも何とかお勧めできる職業について書きます。

私がお勧めする職業はアフィリエイターやユーチューバーです。

自分のペースで働けて人と極力合わない仕事が良いと思うからです。

アフィリエイターやユーチューバーなら自分の時間、例えば痒みが落ち着いているときに作業ができます。

自宅でパソコン1台あればできるので人と会うこともないです。

ネタに関して言えば自分が経験したアトピーのことなどをアップすれば良いのです。

アトピーは一般的な病気ですが本当の経験談を知りたい人は数多くいます。

ましてや重症化を経験した人の話を知りたい人なんて山ほどいると思います。

コンプレックスだったアトピーの経験を逆に活かしてやるのです。

このような理由から重症アトピーに向いている職業はアフィリエイターやユーチューバーだと思います。

肌に負担がかからずストレスを抑えれる仕事を選ぶ

今回はアトピーに向いている仕事について書きました。

軽症〜中等症アトピーに向いている仕事は「薬剤師」。

重症アトピーに向いている仕事は「アフィリエイターやユーチューバー」。

しかし、アトピーの状況だったり許容できることは人それぞれです。

それぞれ個々に合った職業があると思います。

一般的なことが自分には当てはまらないこともあるでしょう。

大切なことは自分の体と相談しながらなるべく肌に負担がかからず精神的ストレスも極力抑えれる仕事を選ぶことです。

少しでもアトピーの方の仕事選びの参考になるように、次回は「アトピーには向いていない仕事」について書いていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする