アトピーはパワハラに弱い!~精神的な疲労ですぐに悪化する~

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピー性皮膚炎はパワハラに対してかなり弱い病気だ。ストレスに心が反応すると、それに伴い体も反応してしまう。パワハラ受けるとアトピーはすぐに悪化してしまうのだ。

パワハラでアトピー悪化

 私は入社直後に仕事に不慣れなのと会社の上司からの嫌みでかなりのストレスを受けた。会社でのパワハラによるストレスなんてどこの会社でもあるだろう。しかし、ストレスに弱いアトピーと言う病気を患っているものにとっては本当に辛い。「なんでこんなことができないんだ」「あなたを見ているとイライラする」などと言われ続けアトピーはどんどん悪化していった。皮膚はかさかさになるし、顔は常に真っ赤な状態。人と接することが多い職場だったので本当に辛かった。

アトピーは相談が苦手?

 アトピーの人はストレスを発散することが苦手なような気がする。私自身がそうなのだが人に悩みを打ち明けることができない。精神的に決して強くないのに、人に弱いところを見せたくないのだ。人に悩みを相談できればストレスを少しでも発散することができるのにそれができないのだ。だから仕事でパワハラを受けても親にも友達にも相談できず苦しんだ。自分で何とかするしかないと思い込んでいた。

自己啓発書で精神力強化

 だから自分自身で仕事に慣れようと必死で頑張った。早く一人前になろうと努力した。そして精神的にも強くなろうと自己啓発書を読みまくった。おそらく今までに百冊以上の自己啓発書を読んできただろう。そのおかげでパワハラに対する抵抗力は随分ついたと思っている。根が心配症なのでクヨクヨすることはあるが、それでも昔よりは精神的に強くなったように思う。

ジョギングでパワハラ対策

 また、趣味でジョギングを始めたことも大きいと思っている。「パワハラとジョギングに何の関係があるんだよ!」と思うかもしれないが、ジョギングをするとパワハラでストレスを受けてもうまく発散することができる。ジョギングで汗をかくと仕事で嫌なことがあってもリセットすることができるのだ。

 また、肉体的にも程よい疲労感があり、それが質の良い睡眠に繫がる。最終的にアトピーにも良い影響を与えることになった。ジョギングを始めたらアトピーが良くなるかもよ参照。

アトピーはパワハラに弱いけど・・・

 アトピーはパワハラに弱い。パワハラを受けるとアトピーはすぐに悪化してしまう。「病は気から」と言うがアトピーほど精神的ストレスの影響を受けやすい病気はないのではないだろうか。だからそのストレスを上手にかわしたり軽減しなければいけない。どうすることもできないパワハラも時にはあると思うが、スポーツや自己啓発で何とかなることもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする