脱ステロイドで地獄の生活を送っちゃったよ〜高校時代編〜

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

ステロイドは悪魔の薬!?

「ステロイドを塗ると副作用で皮膚がボロボロになる」「ステロイドは悪魔の薬」「脱ステロイドをして健康な皮膚を取り戻そう」今でこそ少なくなったが、昔はこのようなことが言われていた。テレビやマスコミもこれを信じてこぞってステロイドをバッシングしていた。

脱ステロイドで人とは思えない風貌に

 そんなときに私や母もステロイドが怖くなって脱ステロイドをしてしまった時期がある。高校2年から大学2年までの4年間だ。脱ステロイドをすると急激にアトピーが悪化した。もの凄い痒みに襲われる日々。体中の皮膚から溢れ出る浸出液。極限まで炎症を起こす肌。急激なアトピーの悪化で人とは思えない風貌になっていった。脱ステロイドをした直後は体から悪い毒素がでるためアトピーが悪化したようになると聞いていた。だからこの状態はいつか好転すると思っていた。「いつか良くなる。いつか良くなる」と思いながらひたすら我慢し続けた。

アトピーで心もズタズタに・・・

 アトピーの悪化は高校生活にも影響を及ぼした。高校ではバスケ部に所属していたのだがとても運動ができる状態ではなかった。辞めはしなかったが、ほとんど休んでいる状態だった。学校自体を休むことも増えたのだが、単位が足りず卒業できないことになるとマズいので、できるだけ行くようにした。ただ学校に行ってもいつもうつむいていた。休み時間も寝た振りをしてずっと顔を隠していた。自分の酷い顔を人に見られるのが嫌だったからだ。幸い良い友達に恵まれたのでアトピーのことでいじめられたり、陰口を言われることはなかった。ただ自分から人と接するのを拒否するようになっていった。アトピーの悪化は見た目だけでなく心もズタズタに荒んだ状態にするのだ。

卒業アルバムが大嫌い

 一番嫌だったのが写真を撮られることだ。中でも卒業アルバムは最悪だ。自分のこの酷い状態が記録として残ってしまい、なおかつそれが卒業生全員に配られるのだ。自分のアトピーの顔が何百人もの人に見られてしまうと思うと苦痛の何者でもなかった。今でこそ問題はないが卒業後数年間はアルバムを開くことさえできなかった。

進学でアトピーが悪化!?

 高校3年になると進路のため準備をしなければいけない。私は進学することに決めていた。アトピーである自分の将来に不安を持っていたので、せめて学歴だけでもと言う思いが強かったからだ。しかしアトピーと進学、二つの問題を抱える日々は本当に苦しかった。毎日不安とイライラ、強烈な痒みに襲われた。進学と言う問題が重なるとアトピーは更に悪化していったのだ。病は気からと言うが、悩みや不安が増えるとアトピーも悪化することがわかった。アトピーの悪化で痒みは更に増し、その中での勉強は大変だった。痒くなると我慢できないので狂った様に掻きむしった。掻いてスッキリすると気持ちが落ち着き勉強することができた。そしてまた痒くなる。その繰り返しだった。本当に悲惨な状態だった。ただこの時期を頑張ったおかげでなんとか志望校に合格することができた。

高校時代の青春を味わいたかった

 脱ステロイドの影響で私のアトピーは急激に悪化し高校生活の大半が地獄のような日々だった。後ろ向きなことは言いたくない。でもあの頃脱ステロイドをしなかったら私の青春は変わっていたのかなと思うことがある。普通の高校生のように恋愛でやきもきしたりして甘酸っぱい青春を味わえたのかなと・・・。正直やり直せるならやり直したい。あの頃に戻って「脱ステロイドはするなっ!!」と伝えることができたらなと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする