あなたは何を選ぶ?子どもアトピーの保湿クリームならこれがおすすめ!

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピーの娘に悩む父親がいました。娘の赤くカサカサした肌を見るたびに胸が痛み、痒そうにしている姿を見るたびに「何とかしてやりたい」と強く思いました。また、彼は自分のアトピーが子どもに遺伝してしまったことに申し訳なく感じ「ゴメンよ、ゴメンよ・・・」といつも思っていました。

 しかし、そんな娘も今では健康的な小麦色の肌をし太陽の下で元気いっぱい遊んでいる。アトピーとはわからないぐらいきれいな肌になっているのです。彼が娘に行ったこととは?それは一つの保湿クリームの継続使用だったのです。

乾燥がバリア機能低下を招く

 アトピー性皮膚炎の肌は水分保持能力が低くすぐに乾燥してしまう。乾燥は肌のバリア機能の低下を招き外部からの刺激を受けやすくなる。つまり少しの刺激で痒くなってしまうのだ。乾燥して痒いから掻く、掻くからバリア機能は更に低下する。そしてもっと痒くなるという悪循環に陥ってしまうのだ。どんどん肌へのダメージは蓄積されアトピー性皮膚炎は悪化し慢性化していく。

医療用としても使われるヘパリン類似物質

dav

 そこでアトピー悪化の元となる乾燥を防ぐことが大切になる。保湿剤の出番なのだ。数ある保湿剤の中で何を選べば良いのか?私がお勧めする保湿剤はヘパリン類似物質含有の保湿剤だ。商品名としては【第2類医薬品】HPクリーム 60gマーカムHPクリーム 50g【第2類医薬品】[乾燥肌のかゆみ・炎症に]【第2類医薬品】ピアソンHPクリーム(50g)などがある。

 なぜヘパリン類似物質がお勧めかというと一番は保湿力が高いからだ。長年医療用として使われているほど保湿力が高く信頼できる保湿剤なのだ。皮膚科ではヒルドイドやビーソフテンという名前で処方される薬で赤ちゃんから老人まで幅広い年齢層で使われている薬なのだ。また、保湿作用以外にも新陳代謝を促す作用や抗炎症作用も期待できると言われている。

ヘパリン類似物質を使うときに注意する3つのこと

 私の娘は2歳から8歳になる現在までヘパリン類似物質を使っている。「アトピー性皮膚炎ですね」と診断されたときは肌の状態が酷くステロイド外用薬が必要だったが、炎症が治まってからはヘパリン類似物質だけで寛解状態を保つことができている。私が娘にヘパリン類似物質を使うにあたって注意したことが3つある。

① 継続使用で悪化させない

 一つ目は毎日塗ること。寛解しているとは言えアトピーは油断するとすぐに悪化してしまう病気だ。30年以上アトピーと付き合ってきて「油断大敵」を痛感している。ちょっとしたことで皮膚の状態は悪化する。だから悪化する前の予防が重要なのだ。どんなにアトピー性皮膚炎の状態が良くなっても毎日ヘパリン類似物質を塗って乾燥を防ぎ悪化させないように注意している。

② もったいないかもしれないが

 二つ目はたっぷり塗ること。たっぷりベトベトになるぐらい塗ることによって期待した効果が発揮されるのだ。アトピーの塗り薬に関しては「薄く伸ばして塗る」というのが一般的に知れ渡っていることが多い。しかしそれは間違いだ。薄く伸ばして塗っても思うような効果は現れない。これも私が長年アトピーの塗り薬を塗ってきて痛感していることだ。たっぷり塗ると「もったいないな・・・」と正直思ってしまう。市販薬でヘパリン類似物質を買っているときはお金がかかって仕方がない。ただ、アトピーを寛解状態に持っていく為にはたっぷり塗る必要があるのだ。

③ 炎症が強いときはステロイド

 三つ目は炎症が強い場合は皮膚科に行くこと。ヘパリン類似物質だけで寛解状態を保てれば良いが、時には悪化してしまうこともあるだろう。学校の行事での泊まりや合宿、プールなどで皮膚に負担がかかり炎症が強く現れてしまうのだ。そのようなときはヘパリン類似物質だけでは抑えることができない。速やかに皮膚科に行きステロイド外用薬を処方してもらおう。ヘパリン類似物質がいくら良い薬といっても抗炎症効果は到底ステロイド外用薬に及ばない。ステロイド外用薬で炎症を抑えきることが大切で、その後ヘパリン類似物質に戻せば良いのだ。

子どもアトピーの保湿クリームならこれがおすすめ

 子どものアトピー性皮膚炎の主症状は肌の乾燥。これを防ぐためにはしっかり保湿することが大切だ。そこで今回は子どもアトピーにお勧めな保湿クリームを紹介した。ヘパリン類似物質は安全性も高く医療用としても使われている保湿剤なので信頼できる。もし何を選べば良いか迷っているなら迷わず【第2類医薬品】HPクリーム 60gマーカムHPクリーム 50g【第2類医薬品】[乾燥肌のかゆみ・炎症に]【第2類医薬品】ピアソンHPクリーム(50g)をお勧めする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする