えっ!?アトピーの塗り薬を軟膏からクリームに変えると・・・

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピー治療に使う塗り薬の剤形には軟膏やクリーム、ローションなど色々なものがある。患部や症状などによって使い分けられているようだ。

 私は頭の塗り薬以外は全て軟膏を使っている。十何年ずっとだ。ただ広範囲に塗る体の薬は「クリーム剤の方が伸びが良いので塗りやすいのでは?」と思っていた。

医者に頼んで剤形変更

 そこでかかりつけの皮膚科医に頼んで体の薬だけクリーム剤に変えてもらうことにした。今まで使っていた『リドメックス軟膏+白色ワセリン』から『リドメックスクリーム+ビーソフテンクリーム』に変えてもらったのだ。ワセリンのクリームタイプがないため保湿剤のビーソフテンクリームに変わったが、ステロイドは同じものだ。

クリーム剤は使用感が良い

 クリーム剤を使ってみるとやはり塗るのが楽チンだ。思っていた通り伸びが良いので広範囲を短時間で塗ることができる。それにベタつきがなく使用感が良い。また軟膏に比べてテカリがないので見た目も気にならない。「軟膏よりクリーム剤の方が全然良いやん!」と思った。しかし・・・

クリーム剤でアトピー悪化!?

 クリーム剤に変更して二日程すると赤みが出てアトピーが悪化してきたのだ。私の感覚ではクリーム剤は効果の持続時間が短い気がする。塗ってから2,3時間程すると効き目が弱まりかゆみが現れるのだ。軟膏を使っているときにはそんなことはなかった。また症状が強い場所に塗ると少し刺激感がある。「これはマズい」と思いすぐに元の軟膏に戻してもらった。

剤形が変わると治療効果も変わる

 クリーム剤は伸びがよく使用感に優れているが、私のアトピーには合わなかった。いくら使い勝手が良くてもアトピーが悪くなるなら話にならない。ステロイド外用薬が同じでも剤形が異なると治療効果も変わってくると言うことが今回の件でわかった。やはり軟膏タイプの方が治療効果が高いようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする