えっ!?アトピーの私が悪夢を見るのは薬のせい?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 近頃、よく夢を見る。それも悪夢だ。夢の中で「助けて・・・、嘘だろう・・・」と必死に叫んでいる。そして早朝に「はっ!?夢か!良かった・・・」汗ばんだ首元を拭いながら目覚める。寝覚めは最悪だ。別にストレスを抱えているわけでもない。特別な悩みがある訳でもない。それなのに妙に悪夢を見るのだ。

 なぜだろう?特に変わったことがないのに。睡眠の質が悪いのだろうか?布団や枕を変えた訳でもない。部屋の照明を変えた訳でもない。なぜだ。なぜなんだ。もしかしたらアトピーが原因なのだろうか?重症化していた頃は猛烈なかゆみのせいで眠れないことなんで日常茶飯事だった。でも今はかゆみもそこまでではない。なぜなんだろう・・・。それでもアトピーが原因かもしれないので調べてみた。アトピーと悪夢についてネットで検索。すると衝撃の事実が判明した。

もしかしたら悪夢は薬が原因?

 ある記事の中に「花粉症薬『アレグラ』を服用したら悪夢を見る」と言うのがあったのだ!アレグラとは私がアトピーのかゆみを抑えるために処方してもらっているフェキソフェナジンと同じ薬だ。(アレグラのジェネリックがフェキソフェナジン)すなわちアレグラで悪夢の副作用があるってことはフェキソフェナジンにも同じことが言えるのだ。

 「マジか・・・」ショックだった。まさか自分が飲んでいる薬のせいで悪夢を見るようになっているかもしれないなんて・・・。しかし所詮ネットの情報。玉石混交であり真偽は定かではない。そこでいつも薬をもらっている薬局の薬剤師さんに聞いてみることにした。

 「すいません。ちょっと教えてもらいたいことがあるんですけど」と私はいつもの薬剤師さんに聞いた。

 「どうされました?」と笑顔で返答してくれる薬剤師さん。

 「今、私が飲んでいるフェキソフェナジンのことで教えてほしいんですけど?」と私が尋ねた。

 「どうぞ、どうぞ、わからないことがあれば調べますので何でもおっしゃってください」と薬剤師さんは快く言ってくれた。

 「最近、よく悪夢を見ます。ネットで調べたらフェキソフェナジンの副作用で悪夢が出ると書いてあったんですけど本当ですか?」と私は聞いた。

 「えっ?フェキソフェナジンで悪夢ですか・・・?」神妙な顔をしながら薬剤師さんは答えた。

 すると「ちょっと調べますのでお待ち下さい」と言い、奥の部屋に入っていった。

 数分後、部屋から戻ってきた薬剤師さんは手に持っている紙を見ながら「確かに副作用で『悪夢』の報告があがっています。ただ、頻度は不明となっているのでそこまで現れやすい副作用ではないようです」と説明してくれた。

 頻度は低いかもしれないが、やはりフェキソフェナジンで「悪夢」の副作用はあるようなのだ。

フェキソフェナジンの量を減らして経過観察

 そう言えば、このところ季節の変わり目で皮膚の炎症が強くフェキソフェナジンを服用する頻度が高かった。以前は頓服的な飲み方でかゆみが強いときだけ飲んでいたのだが、最近は1日2回続けて飲むこともざらにあった。そのため頻度の少ない「悪夢」の副作用が現れてしまったのだろうか。

 医師に伝えてかゆみ止めの薬を変えてもらおうかとも思った。しかし、他の薬にすると眠気やだるさが出るのでそれも困る。しばらくはフェキソフェナジンで様子をみようと思う。そしてなるべく頓服的な服用にして悪夢の頻度が減るのか見てみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする