えっ!?ステロイドは薄めても効果が変わらない?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 ステロイド外用薬を薄めてもらっている人は多いだろう。私も体に塗るリドメックス軟膏を白色ワセリンと混ぜて2倍に薄めてもらっている。ただこのとき「薄まる=効果が弱まる」と思ってはいないだろうか?

 例えばリドメックス軟膏を白色ワセリンと1:1で混ぜると濃度は半分になる。リドメックス軟膏を単品で使った場合と同じ量の軟膏を使ったとしたら、皮膚に塗布されるリドメックス軟膏の量は半分になる。だから効果も半分になり弱まると思ってしまうのだ。

 実際処方する医者や調剤する薬剤師さえも「ステロイド外用薬は薄まると効果も弱まる」と説明している。

 しかし、実はステロイド外用薬は薄めても効果はそこまで変わらないのだ。2倍に薄めたからと言って効果が単純に1/2になる訳ではないのだ。ベリーストロングクラスのアンテベートやリンデロン-DPは16倍に薄めても効果が変わらない言う試験結果もでている。しかもこれは副作用にも言えることで、薄めた分副作用が軽減される訳ではないのだ。

 さらに、薄めることにより効果が弱まるどころか逆に高まってしまう薬もある。薬によってはステロイド外用薬の浸透性を高めてしまい、混ぜて薄めることによって効果が強くなってしまうのだ。

 このようにステロイド外用薬は「薄める=効果が弱まる」とは言えない。「症状が良くなってきたから少し弱くしよう。副作用も軽減されるからね」とステロイド外用薬を薄める医者がいるがこれを信じてはいけないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする