そうだったのか!ステロイドはベタベタぐらいがちょうど良い!?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 突然ですが、ステロイド外用薬をどれぐらいの量塗っていますか?「できるだけ少なく」と言う気持ちが働いて、薄く塗り広げてサラッとするぐらいに抑えていないだろうか。

 薄く塗りたい気持ちはわかる。アトピー治療は長期間に及ぶため、毎月の薬代もできれば安く抑えたい。だから日々の薬を無駄にはしたくないのでできるだけ少ない量で使いたくなる。また、たっぷり塗るとステロイド外用薬の副作用が強く現れそうで控えてしまうこともあるだろう。

 ただそれではステロイド外用薬の効果が十分発揮されずアトピーを寛解させることが難しいのだ。

ステロイド外用薬は十分な量を塗ることが大切

 薬代や副作用を心配して薄く塗っていては症状を良くすることが難しい。ステロイド外用薬の量が少ないと炎症を十分に抑制できず、皮膚にダメージが残った状態が続いてしまう。ステロイド外用薬は十分な量を塗ることによって期待した効果が得れるのだ。

 ちょびちょび薬を塗っていたのでは、症状を良くすることができず結局は長期間ステロイド外用薬を使うハメになり薬代も副作用の心配も膨らんでいくのだ。

 では実際どれぐらいの量を塗れば良いのだろうか?

第一関節までで手のひら二つ分?

 色々な書籍や皮膚科医の話によると「ステロイド外用薬を口径5mmのチューブから人差し指の第一関節まで絞り出した量を手のひら2枚分の範囲に塗ること」が適正な使用量らしい。

 実際はこんな感じか。娘が使っているチューブに入っている保湿剤で試してみた。

 しかし私の場合、チューブでは薬はもらっていない。ステロイド外用薬は白色ワセリンと混ぜっているので軟膏壷に入っている。だからだいたいこれぐらいの量になるのかな。毎日のことなのでだいたいの量で大丈夫だろう。

これを手のひら2枚分の範囲に塗ってみると・・・

想像以上にベタベタになる!?

 実際この量を手の甲や指に塗ってみた。想像以上にベタベタになり皮膚がテカる。体全体に塗ると、皮膚が薬で覆われていて膜が張っている感覚だ。そして少し体温が上がって温かい感じがした。

 「こんなにベタベタになるまで塗るのか」と最初は驚いた。「これだと衣服に薬がついて無駄になったり、汚れたりするな・・・」と心配にも思った。しかも薬の減り具合が尋常ではない。かなりの量を処方してもらわないとあっという間に薬がなくなってしまう。頻繁に受診しなければいけなくなり、費用もかさんでしまう。ステロイド外用薬の副作用も心配になり「この量で本当に良いのだろうか・・・」と思った。

 ただ、この塗り方を実践すると考えは変わった。効果が劇的にあるのだ。

ベタベタ塗りで効果がアップ

 ベタベタ塗りをする前の腹部。このように炎症が酷く悪化していた腹部が・・・

一週間ベタベタ塗りをすると写真のように炎症はひいて症状が軽快したのだ。

ベタベタ塗りでも副作用は心配ない!?

 ステロイド外用薬をこれだけの量塗ると心配になるのが副作用だ。本当に大丈夫なのだろうか?ある書籍によると、ステロイド外用薬で重篤な副作用である副腎皮質抑制を起こす可能性のある塗布量はおおよそストロンゲストで10g/日、ベリーストロングで20g/日、ストロングで30g/日とされている。いくらベタベタに塗ると言っても、これだけの量を塗ることはまずあり得ないので大丈夫だろう。

 ただ、重篤な副作用が現れる可能性が低いだけで、皮膚の萎縮や毛細血管拡張などの副作用は考えられる。だから、アトピーが軽快していけばランクを落としていく必要はあるだろう。

 私はランクの強いステロイド外用薬を十分な量、十分な期間塗布して、皮膚のダメージをなくしてからランクを落としていくようにしている。そうすれば副作用も問題にならないと思っている。少なくとも私の場合は問題になっていない。

アトピーが治らないのは塗る量が少ないから

 病院には指示通り通院しているのにアトピーが治るどころか悪化してしまう。もしかしたらステロイド外用薬の塗る量が少ないのかもしれない。費用や副作用のことが心配になるかもしれないが、ベタベタになるほどステロイド外用薬を塗ると十分効果が発揮され、あたなのアトピーが軽快していくかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする