ちょっぴり高い、医療用成分配合の保湿剤

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 暑苦しい夏も過ぎ幾分過ごしやすい季節になってきた。ただ、これからは乾燥と言うアトピーにとって厄介な敵と戦わないといけない時期になる。そんなときに頼りになるのが保湿剤だ。薬局やドラッグストアにも乾燥肌用や敏感肌用の保湿剤が所狭しと並んでいる。選ぶ側もどれにすれば良いのか迷うぐらいだ。

 そこで今回は私がおすすめする医療用成分配合の保湿剤を紹介する。

美容クリームとしても話題に?

 お勧めするのは「ヘパリン類似物質」という成分を配合した保湿剤だ。「ヘパリン類似物質」は保湿作用は勿論、血行促進作用や抗炎症作用もあり肌の新陳代謝を高めると言われている。その効果から最近では女性誌やネットなどでも取り上げられ、美容クリーム代わりに使う人も急増しているぐらいだ。

病院でも使われているヘパリン類似物質

 「ヘパリン類似物質」は皮膚科や小児科でも処方されることが多く「ヒルドイド」や「ビーソフテン」と言う名前で使われている。実際、アトピーである娘にも長年処方されていた。今では病院で処方されないので市販で購入して使っているのだが・・・。詳しくは突然の保湿剤中止っ!これからは市販薬で対応してください参照。ただ、そのおかげで娘のアトピーは悪化することなく長年、寛解状態を保つことができている。見た目ではアトピーとはわからないぐらいキレイな肌を保つことができているのだ。

ちょっぴり値段が高い

 ネックはその値段だ。医療用でも使われている成分だけあって他の保湿剤と比べると割高だ。中には25gで1,000円を超えるものもある。ドラッグストアや薬局には【第2類医薬品】HPクリーム(25g)【HP(エイチピー)】【第2類医薬品】 ピアソンHPクリーム 50g [ヒルドイドのジェネリック][ゆうパケット・送料無料]【第(2)類医薬品】マーカムHPクリーム 【定形外郵便発送】 手指の荒れ、しもやけ、あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ などに gs20などの名前で販売されている。

中等度のアトピーにはが効果ない?

 しかしながら私自身には「ヘパリン類似物質」を使っていない。私のアトピーには合わないのだ。主観的な意見だが私のような重症化も経験したような中等度アトピーの肌には弱過ぎるように思う。やはりステロイド外用薬やプロトピック軟膏がメインとなり、保湿剤はあくまで補助的な役割になる。そして保湿剤を使うにしても私の場合は「ヘパリン類似物質」よりも白色ワセリンの方が合っているのだ。

軽症アトピーや乾燥肌にはお勧め?

 ただ、軽症のアトピー性皮膚炎や乾燥肌で困っている人がいるなら私は迷わず「ヘパリン類似物質」をお勧めする。私に合わなかっただけで娘には抜群の薬だったし、医療用でも使われているぐらいなのでその効果は折り紙付きだ。ちょっぴり他の保湿剤よりも高いがそれに見合う効果があるのではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする