どうなのっ!?ステロイドは分厚く塗れば塗るほど効果が高いの?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 毎日塗っているステロイド外用薬。塗り薬の適した量と言うのはどれぐらいなんだろうか?「薬なんだから分厚くべっとり塗る方が効果が高い」もしくは「飲み薬とは違うからなるべく薄く塗った方が良い」どちらが正しいのだろうか?

 もう何年も塗り続けているので、あまり適した量と言うのを考えず感覚で塗ってしまっている。ここでしっかり適した量を考えてみたいと思う。

テカる程度の厚さで塗る

 医薬品メーカーなどの情報ではチューブから薬を出したときに「指の第一関節ぐらいまでの長さで手掌二つ分の範囲を塗るのが適量」と言われている。ただ私の場合は薬をチューブでもらっていない。ステロイド外用薬とワセリンを混合してもらっているからだ。だからイマイチよくわからない。また細かく言うと「チューブの薬でも大きさが異なると出る量が違うのでは・・・?」と思ってしまう。

 他には「薬を塗った場所にテッシュペーパーをのせ逆さにしても落ちない程度の厚さで塗るのが適量」とする情報もあった。逆さにしても落ちない程度と言うと軟膏を塗ったときに少しテカって見えるような厚さらしい。幸い感覚で少しテカる程度に塗っている。どうやら今の塗り方で問題ないようだ。

分厚く塗るのはダメなの?

 ではステロイド外用薬を必要以上に分厚く塗るのはダメなんだろうか?結論から言うとあまり意味がないようだ。ステロイド外用薬を厚く塗っても衣服や体の他の部位についてしまって効果が上がらないのだ。ただ逆に薄く塗りすぎても効果が上がらないので、やはり適量を塗ると言うことは大切なようだ。

指腹や手掌でやさしく塗る

 ステロイド外用薬を塗る量には適量と言うものがある。分厚く塗りすぎても薄く塗りすぎてもダメなのだ。ただそこまで神経質になる必要はないようだ。少しテカる程度に塗ればいいのだ。また薬を塗るときには擦り込まないようにしよう。擦り込むと刺激になりアトピーが悪化しかねない。だから指腹あるいは手掌でやさしく塗るのが大切だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする