アトピーにはやっぱりワセリンが一番?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 ワセリン。アトピー治療意外でもスイマーの保温を目的に使われたりボクサーの皮膚を保護する目的で使われたりする薬だ。このワセリンだが私もお世話になっており保湿剤として顔や体のいたるところに塗っている。私のアトピーには他の保湿剤よりも合っており重宝している薬の一つだ。

界面活性剤は刺激が強い?

 ワセリン以外にも保湿剤はたくさんある。ドラッグストアに行けば多種多様の薬が並んでいる。ただ、中には刺激が強いものもあるので注意が必要だ。特に界面活性剤を含んでいるものは肌の角質を破壊する働きがあり刺激が強く余計にアトピーを悪化させることもある。慎重に使わなければいけない。

ヘパリン類似物質は患者を選ぶ

 中でもアトピー性皮膚炎の治療によく使われるヒルドイドソフト軟膏(ヘパリン類似物質)が私には合わなかった。特別悪化したと言う訳ではないが、ヒルドイドソフト軟膏では私のアトピーは改善しなかったのだ。

 ただ、娘のアトピー性皮膚炎には効果抜群なので、アトピーの症状によって合う合わないがあるのだろう。ちなみにヘパリン類似物質は市販でも購入することができる[定形外郵便で送料160円]マーカムHPクリーム 50g【第2類医薬品】[乾燥肌のかゆみ・炎症に]

私のアトピーにはワセリンが一番

 私のアトピーに保湿剤として一番合っていると思うのはワセリンだ。朝、テカテカになるぐらい塗ると夜まで効果が持続している。(このテカテカになるまで塗ると言うのがとても重要)塗ることによって刺激感もなく肌のしっとりとした状態を長時間保つことができる。私のアトピーにとっては他の保湿剤では得られない効果だ。顔がテカテカになり「脂性かっ!」とツッコまれそうになるがアトピーを寛解状態に保つためにとても重宝している薬なのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする