アトピーの薬を全てジェネリックに変えたらどれぐらい安くなる?

 こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。
 
 アトピーは大人になっても完治しないので、薬による治療を続けないといけない。薬による治療は半永久的に続くのでそれにかかる費用、つまり薬代はできるだけ安い方が助かる。

 薬を安くする方法としてジェネリックへの変更がある。ジェネリックとは効果や安全性がもとからある薬と同じで価格が安い薬のことだ。ほとんどの場合、患者が希望すればジェネリックに変更することができる。

 一度今使っているアトピーの薬を全てジェネリックに変更するとどれぐらい安くなるのか試算してもらったことがある。二ヶ月に一回もらう量で計算してもらった。

もとからある薬 ジェネリック
ロコイド軟膏30g:白色ワセリン30g アボコート軟膏30g:白色ワセリン30g
リドメックス軟膏100g:白色ワセリン100g スピラゾン軟膏100g:白色ワセリン100g
リドメックスローション50g スピラゾンローション50g
アレグラ錠60mg120錠 フェキソフェナジン錠60mg120錠

 全てジェネリックに変えると4,550円→2,730円になり、結果として1,820円安くなった。なんと4割も安くなったのだ。しかし、現在は飲み薬のアレグラしかジェネリックに変えていない。なぜならば、塗り薬をジェネリックに変えると塗り心地が変わることがあるからだ。

オーソライズドジェネリックなら大丈夫

 なぜ塗り心地が変わるかと言うと、ジェネリックはもとからある薬と比べて有効成分は同じだが添加物などが違うからだ。添加物の違いで肌に塗ったときの感じが変わるのだ。ただ、ジェネリックの中にも色々とあって有効成分も添加物も全く同じものがある。つまり名前と価格が違うだけでその他は全く同じ薬と言うことだ。このジェネリックをオーソライズドジェネリックと言う。じつは飲み薬のフェキソフェナジンはこのオーソライズドジェネリックにしてもらっている。有効成分も添加物も全てが一緒と言うのはやはり安心だからだ。塗り薬もオーソライズドジェネリックがあればいいのだが、現在は発売されていないようだ。

塗り薬のオーソライズドジェネリック発売を期待して

 私が使っているアトピーの薬を全てジェネリックにすると1,820円安くなった。薬による治療は今後も続くので少しでも薬代が安くなれば嬉しい。今は塗り心地の問題で飲み薬しかジェネリックに変えていないが、今後塗り薬でもオーソライズドジェネリックがでればすぐにでも変えたいと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする