アンテドラッグステロイドって何!?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 薬は効果的でかつ副作用の低いものが良い。アトピー性皮膚炎治療に使うステロイド外用薬も患部の皮膚では効果が高く、患部以外の場所では副作用が少ないものが嬉しい。当たり前のことだ。ただ、この当たり前のことが難しい。効果を上げようと思えばその分他に対する作用(副作用)も強くなるのが通常だからだ。ただ、そんな難しいことを実現させた薬がある。それがアンテドラッグステロイドだ。

 アンテドラッグステロイドとは皮膚の表面ではしっかりと効果を発揮するが、吸収されると活性が低下するように作られた薬のこと。要するに良く効くが副作用が少ない薬のことだ。医学が進歩してこのような薬まで開発されるようになったのだ。

 私が使っているアトピーの薬の中にもアンテドラッグステロイドがある。体や四肢に使っているリドメックス軟膏とマイザー軟膏だ。さらにリドメックス軟膏の代替薬として市販で購入することがある【第(2)類医薬品】リビメックスコーワ 軟膏 10g【メール便(送料込)】もアンテドラッグステロイドだ。

 何年もアンテドラッグステロイドとは知らずに使っていたが、自分が使っていたものが効果的で副作用が少ない薬だったので嬉しく思った。処方してくれているかかりつけの皮膚科の先生に感謝だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする