ザジテン点眼液を薬局やドラッグストアで購入することはできるのか?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 いつもお世話になっている目薬がある。もうかれこれ10年以上使っているだろうか。目のかゆみが強いときに病院から処方してもらっているザジテン点眼液だ。心地よい刺激感があり目のかゆみを速やかに抑えてくれるのでとても重宝している。

 このザジテン点眼液だが、急に目のかゆみが強くなったときや忙しくてどうしても病院に行けないときに市販で購入できれば助かる。そこで今回はザジテン点眼液を薬局やドラッグストアなどの市販で購入できるか調べてみた。

ザジテン点眼液のスイッチOTCがある?

 ザジテン点眼液にはケトチフェンフマル酸塩というアレルギーを抑える成分が含まれている。「この成分と同じものが含まれている目薬がないかな?」と調べてみると・・・あった!その名も【第2類医薬品】ザジテンAL 点眼薬(セルフメディケーション税制対象)(10mL)【ザジテン】。もろザジテンと言う名前が使われているので同じ薬かなと思ってしまうが本当に同じ主成分が含まれているのだ。

 【第2類医薬品】ザジテンAL 点眼薬(セルフメディケーション税制対象)(10mL)【ザジテン】は2007年にスイッチOTC化された薬だ。スイッチOTCとは医療用の薬の中でも安全性が高いものに限り市販でも販売できるように国が定めたものだ。配合されているケトチフェンフマル酸塩の量も同じなので、ザジテン点眼液と同効薬と思ってい良いだろう。

市販で購入できるのは嬉しいことだが・・・

 病院で処方されるザジテン点眼液の同効薬を薬局やドラッグストアで購入することはできるのだ。近頃は国の医療費を抑える目的でスイッチOTC化される薬が増えている。その薬を使っているものにとっては、病院に行く手間が省けるし手軽に購入できるのは嬉しい限りだ。

 ただ、何でもかんでも自己判断で市販薬で対応するのは危険なことだ。病院に受診すべきときと市販薬で対応するときの判断が大切なんだろうと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする