バラシクロビル錠を市販で購入できるのか?〜アトピーのヘルペス対策〜

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

最初は鼻の穴だった。私には鼻の穴を触る癖があるのだが触っていると「ん・・・?」と何やら違和感があった。

痒いわけではないのだができものができているようなのだ。鼻の穴だから暗くてどんなできものかはわからない。「そのうち治るだろう」と放っておいた。

しかし、なかなか治らない。そのうち痛みもでてきた。ふと見るとおでこにもポツリと発疹ができている。ニキビのような発疹だ。嫌な予感はしていた。でも大丈夫だろうと自分に言い聞かした。

次の日みると発疹が増えている。「やっぱりヘルペスか・・・」と確信した。

bty

今まで何回ヘルペスにかかっただろうか。普通の人ならよっぽど疲れていたりして免疫力が落ちているときじゃないとかからないはずだ。

でもアトピー持ちはすぐになってしまう。しかもなってしまったら早く病院に受診してヘルペスの治療薬である抗ウイルス薬を飲まなければ良くならない。厄介で面倒な病気だ。

この面倒を少しでも軽減したくて抗ウイルス薬のバラシクロビル錠が市販で売っていないか調べてみた。

抗ウイルス薬の塗り薬は市販されているが・・・

結論から言うとバラシクロビル錠は市販では売っていない。塗り薬なら【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム(セルフメディケーション税制対象)(2g)【ヘルペシア】【第1類医薬品】アクチビア軟膏 2g(セルフメディケーション税制対象)★要メール確認 薬剤師からお薬の使用許可がおりなかった場合等はご注文は全キャンセルとなります【第1類医薬品】【メール便対応!送料無料!】 ヘルペス再発治療薬 アラセナS 2g 佐藤製薬薬剤師の確認後の発送となります。何卒ご了承ください。※セルフメディケーション税制対象商品など売っているのだが、飲み薬としては薬局やドラッグストアでは売っていないのだ。

自己判断で使うのは問題のある薬で医師の指示のもと使わなければいけない薬に分類されているようなのだ。

それでも病院に行くのは面倒だし、ヘルペスの治療は早くはじめた方が効果的だ。だからなんとかバラシクロビル錠を購入する方法を調べてみた。

すると一つの方法があることがわかった。

個人輸入でバラシクロビル錠を購入する

それは個人輸入で購入する方法だ。個人輸入とは代行業者を利用して個人単位で輸入する方法だ。

「輸入」というと何やら胡散臭さ満載だが、ネットショッピングような感じで比較的簡単に利用するできる。

購入することができるバラシクロビル錠には先発品のバルトレックス(Valtrex)500mgやジェネリックの[バルトレックスジェネリック]バルシビル(Valcivir)500mgがあった。

バルトレックスは日本でもお馴染みの薬で私自身よく使っていた薬だ。メーカーも同じグラクソ・スミスクライン社なので安心して使用することができるだろう。

しかし、個人的には同じ効能であるにもかかわらず価格が安いジェネリックの方を選ぶだろう。基本的にヘルペスの抗ウイルス薬って高い薬だから少しでも安い方が嬉しいのだ。

個人輸入をするときの注意点とは

ただ、個人輸入を利用するにあたって注意しなければいけないことがある。

それは購入した薬に関しては全て自己責任になると言うことだ。

医師から処方してもらう薬については指示のもと使って副作用が現れた場合、副作用被害救済制度というものがある。副作用によってかかった医療費などを負担してもらえるのだ。

個人輸入の薬はこれが適応されない。副作用が現れるのは稀かもしれないが肝に免じておかないといけない。

また、外国から発送されるので届くまでに数週間かかることもある。今回のようにヘルペスになって「すぐに使いたい」と思っても難しい。常備薬としてあらかじめ持っておくのが賢明かもしれない。

アトピーでヘルペスになったら受診するのが一番だが・・・

 と言うことでバラシクロビル錠は市販では売っていいないが、個人輸入なら購入することができることがわかった。病院以外にも選択肢があるとわかっただけでも何やら不安が軽減した。

基本的には病院に受診して医師に診断してもらい薬を処方してもらうのが一番だ。ただ、アトピーのように頻繁にヘルペスになるのなら持っておいた方が良いかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする