フルメタクリームを市販薬で代用する方法とは?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 ステロイド外用薬は速やかに炎症を抑える効果がありアトピー治療には欠かせない薬だ。私自身、何十年とお世話になっている。長い間アトピーと付き合っているとたまに「あっ!薬がなくなりそうでヤバイ!」と思うことがある。そんなとき、近くの薬局やドラッグストアで代用薬があれば助かる。今回はステロイド外用薬のフルメタクリームを市販薬で代用できるのか調べてみた。

ステロイド外用薬も市販で売っている

 近頃ではものによってはステロイド外用薬も市販で販売されている。アトピー治療を受けていると「薬は病院で貰うもの」が当たり前になっているので驚かされる。

 私が顔や頸部に使っているロコイド軟膏もロコイダン軟膏 16g「第(2)類医薬品」として販売されているし、体に使っているリドメックス軟膏も【第(2)類医薬品】★薬)興和新薬/リビメックスコーワ軟膏 10gとして販売されている。医療用の薬と比べると濃度が薄くなっていたりと少しの違いはあるが、充分代用薬になり得るのではないだろうか。

 さて本題のフルメタクリームの代用薬だが・・・残念。同じような成分は市販では販売されていない。なぜかと言うと・・・

強いステロイド外用薬は売っていない

 それはフルメタクリームがステロイドの中でも強いランクのベリーストロング(非常に強力)だからだ。市販で売っているステロイド外用薬はストロングクラスまでのものばかり。それ以上の薬は売っていないのだ。強いステロイド外用薬を使わなければいけないような状態なら市販薬で対処せずに医師に診てもらえと言うことなのだろう。

 どうしてもフルメタクリームの代用薬を市販で探したいなら、売っている中で一番強いストロングクラスの【第(2)類医薬品】フルコートf(5g)【フルコート】【第(2)類医薬品】薬)第一三共/ベトネベートN軟膏AS 5gになるだろう。ランクが落ちるので思ったような効果はないかもしれないが。

個人輸入で購入する方法も

 しかし、フルメタクリームの代用薬を購入する奥の手もある。それは個人輸入だ。個人輸入とは文字通り個人で海外から品物を輸入することだ。輸入と言うと何やら怪しくて行ってはいけないことのように思うかもしれない。しかし、個人で使う量の医薬品を個人の責任のもと輸入するのは合法だ。詳しくは厚生労働省の医薬品等の個人輸入について参照。

 実際、私も個人輸入で医薬品を購入している。ネリゾナ軟膏のジェネリックや男性型脱毛症のフィンペシアなどを購入。その方法は簡単でネットショッピングと何ら変わりはない。詳しくはえっ以外と簡単!ネリゾナ軟膏のジェネリックを個人輸入で購入したみた!30代、薄毛に悩むアトピーの私がプロペシアをはじめました!参照。

 話は逸れたが個人輸入でフルメタクリームの代用薬を探してみると・・・あった!同じ主成分であるモメタゾンフランカルボン酸エステルを含有しているトップコート(Topcort)0.1% 15gが販売されているのだ。さすが個人輸入。市販では販売されていないベリーストロングクラスのステロイド外用薬も販売されているのだ。同じ成分なのでフルメタクリームの代用薬になり得るだろう。

 ただし、個人輸入には注意点もある。あくまで個人の責任のもと行うことなので、副作用などが現れても医薬品副作用被害救済制度は適用されない。また、外国から購入することになるので注文から到着までおよそ10日前後かかってしまう。これらをわかった上で利用しよう。

フルメタクリームの代用薬は・・・

 今回はフルメタクリームを市販薬で代用する方法があるのか調べてみた。市販薬ではステロイド外用薬の販売は限られているので代用薬になりそうな薬はない。もし代用するならストロングクラスの【第(2)類医薬品】フルコートf(5g)【フルコート】【第(2)類医薬品】薬)第一三共/ベトネベートN軟膏AS 5gになるだろう。ただし、個人輸入なら同じ主成分の薬であるトップコート(Topcort)0.1% 15gが販売されおり代用薬になりそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする