リドメックス軟膏と同じ市販薬をドラッグストアで買いたい!

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピーに使っているリドメックス軟膏。もうかれこれ十数年以上使い続けている。主に体のアトピーに使っているのだが、ミディアムクラスのステロイド外用薬の割に効果も高く使い勝手がとても良い。速やかに炎症を抑える効果があり私のアトピーには必須の薬だ。

 このリドメックス軟膏だが病院に行って処方してもらうことが面倒になることがある。仕事が忙しくどうしても受診できないことがあるのだ。そんなときは代替薬を薬局やドラッグストア、インターネットで買うこともある。今回は市販で売っているリドメックス軟膏と同成分の薬を紹介する。

リドメックス軟膏と同成分の市販薬とは・・・?

ridomeku

 私が買っているリドメックス軟膏の代替薬は【第(2)類医薬品】リビメックスコーワ 軟膏 10g【メール便(送料込)】だ。リドメックス軟膏の主成分であるプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを含有した市販薬だ。

 この他にもプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを含有する市販薬は多数存在するのだが、かゆみ止めや痛みを抑える成分が配合されていたりする。だから、純粋にリドメックス軟膏の代替薬として選ぶなら【第(2)類医薬品】リビメックスコーワ 軟膏 10g【メール便(送料込)】が良いと私は思っている。

市販薬でも効果は全く同じなの?

hatena

 正直、市販薬はリドメックス軟膏と比べると効果が落ちるかもしれない。主成分であるプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルの濃度が違うからだ。リドメックス軟膏が0.3%に対して【第(2)類医薬品】リビメックスコーワ 軟膏 10g【メール便(送料込)】は0.15%しか配合されていない。要するに半分の濃度に薄まっているのだ。

 ただ、私の場合、リドメックス軟膏は白色ワセリンと混ぜて濃度を半分にした状態で処方してもらっているので、市販薬の濃度が半分でも丁度良い。また、短期間の使用なら濃度が半分でもそこまで問題にはならないような気もする。

気になる費用は?やはり高いのか?

 【第(2)類医薬品】リビメックスコーワ 軟膏 10g【メール便(送料込)】の費用はグラム150円前後。なかなかのお値段だ。私の場合、体全体に塗る薬で使う量も多くなるので正直苦しい金額だ。できるなら処方箋を出してもらって調剤薬局で貰う方が懐には優しいだろう。

ステロイド外用薬の代替薬を上手に活用する

 アトピーがある程度落ちついていて、皮膚症状もそこまで変わらないときは市販薬で対応するのも一つの方法だ。病院で薬を処方してもらうには長い時間がかかる。忙しいサラリーマンにとってそんな時間はなかなかとれない。だから私はどうしても病院に行けないとき、かつアトピーを軽快状態に保つことができているときには市販薬に頼ることもある。リドメックス軟膏は代替薬が市販でも売っているので上手に活用すべきだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする