ロコイド軟膏とリドメックス軟膏はどっちが強いのか?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 私のアトピー治療に欠かせない薬。それはステロイド外用薬だ。顔と体、そして体の酷いところに使う薬としてロコイド軟膏、リドメックス軟膏、マイザー軟膏を使っている。このステロイド外用薬だがその強さによって分類されている。マイザー軟膏はベリーストロングクラスだが、ロコイド軟膏とリドメックス軟膏は同じミディアムクラスに分類される。同じ分類なのに使う場所は違うのだ。果たしてロコイド軟膏とリドメックス軟膏はどっちが強い薬なのだろうか?

リドメックス軟膏の方が強い?

 結論から言うと強いのはリドメックス軟膏だろう。薬の吸収が良い顔ではなく体に使うよう指示を受けていることからもロコイド軟膏より強い薬だとわかる。ただ、分類が同じなのはなぜだろうか?

リドメックス軟膏はアンテドラッグ

 この理由はリドメックス軟膏がアンテドラッグだからだろう。アンテドラッグとは塗った皮膚には効果をしっかり発揮するが、皮膚の中に吸収されると有効成分が代謝され作用がなくなる薬のこと。つまり塗布部位では効果的に働きながらも副作用が軽減されるように作られた薬のことなのだ。

 効果を見るとリドメックス軟膏はロコイド軟膏よりも強いが副作用はロコイド軟膏と同じくらい弱いので同じミディアムクラスに分類されている。主観的な意見になるが私はこのように解釈している。

ステロイド外用薬の強さの違いを理解しておく

 私のアトピー性皮膚炎治療にとってステロイド外用薬はとても大切な薬だ。炎症を速やかに軽減できる薬はステロイド外用薬しかないと思っている。ただ、ステロイド外用薬は適正な場所に、適正な強さのものを、適正な時間使うことがとても重要だ。そのためステロイド外用薬の強さの違いを患者側もしっかり把握しておく必要があるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする