乳児のアトピー性皮膚炎を完治させる方法とは

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 娘は2歳のときにアトピー性皮膚炎と診断された。当時は「あぁ、私のアトピー素因が遺伝したんだな・・・」とショックを受けた。ただ、娘に対してあることを継続して行ってからは8歳になる今でもアトピーの発症を抑えることができている。見た目ではアトピー性皮膚炎とはわからないほどきれいな皮膚になっている。これを完治と言うのかはわからないがより良い状態を保つことができているのだ。

ヒルドイドソフトやビーソフテンの使用

 何をして娘のアトピー性皮膚炎の発症を抑えたかと言うと「保湿剤の継続使用」だ。医療用ではヒルドイドソフトやビーソフテン、市販薬では【第2類医薬品】HPクリーム(60g)マーカムHPクリーム 50g【第2類医薬品】[乾燥肌のかゆみ・炎症に]と言う商品名であるヘパリン類似物質が含有された保湿剤を継続して娘に塗ったのだ。

使い続けることが大切

 継続使用と言うところがとても大切で、ある程度アトピー性皮膚炎が良くなって「薬を塗る必要がないかな?」と言う状態になっても続けた。医師から医療用のヒルドイドソフトやビーソフテンを処方してもらえなくなっても、市販で【第2類医薬品】HPクリーム(60g)マーカムHPクリーム 50g【第2類医薬品】[乾燥肌のかゆみ・炎症に]を購入して使った。主観的な意見になるがアトピー性皮膚炎は悪化させないことが大切だと思っている。そのためには日々のスキンケアが大切だ。娘は私のアトピー素因が遺伝している以上、いつ悪化してもおかしくない。だから毎日の保湿剤使用で寛解状態を保つことがとても重要だと思ったのだ。

乳児のころから使えば良かった

 娘が2歳のときからヘパリン類似物質の使用を始めたが乳児の頃から始めれば良かったなと思っている。そうすればさらに早い段階で丈夫な皮膚を作ってやることができたはずだ。医師でもない私だが娘のアトピーをより良くしたい一心でヘパリン類似物質を使ってきた。それが今では功を奏しているのは確かだ。だから乳児のアトピー性皮膚炎にもヘパリン類似物質の継続使用が効果的なのではと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする