半端ないっ!リドメックスコーワローションの使用量

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 「ブルブルブルッ・・・」震える季節。暦も11月になり寒さが身にしみてくる。寒くなってくるこれからはアトピー持ちにとって一番嫌な季節だ。寒くなると空気が乾燥して肌がかさつくからだ。中でも私の場合、頭皮のかさつきが酷くなる。「頭皮にセンサーでも付いているじゃないか?」と言うぐらい乾燥には敏感に反応してしまう。

頭皮のかさつきが半端ない

IMG_0106

 私の場合、程度の差はあるが頭頂部以外の頭皮が全てかさついてくる。生え際から側頭部、後頭部までかさついて頭皮がパラパラとフケになって落ちてくる。黒い服を着ようものなら肩の当たりはフケ三昧。見た目は最悪だ。これを防ぐにはしっかりと薬塗って対応するしかない。

増えるリドメックスコーワローションの使用量

ridome

 頭皮にはステロイド外用薬であるリドメックスコーワローションを使っている。ローションタイプのなので頭皮に塗りやすく、もう十何年と使い続けている。頭皮がかさついてくるとこのリドメックコーワローションの使用量も増えてくる。

時間がとれない。受診できない

 一度の受診で10本ほど処方してもらっているのだが、この季節は3,4日に1本ぐらいの割合でリドメックスコーワローションがなくなってしまう。それぐらい塗らないとおっつかないのだ。だから薬が切れてしまうこともある。ただ薬がなくなっても仕事が忙しくてすぐには受診できない。でも薬がないとかさつきは酷くなる。

 こんなときは・・・

市販薬のリビメックスコーワローションを代替

 実はリドメックコーワローションの代替薬が市販で売っている。処方せんがなくても同じ成分の薬をドラッグストアや通販で購入することができるのだ。名前は【第(2)類医薬品】リビメックスコーワ ローション(セルフメディケーション税制対象)(8g)【リビメックス コーワ】。どうしても受診できなくてリドメックスコーワローションが切れてしまったときにはこの薬を代替薬として私は使っている。

 ただ、主成分は同じだが濃度が半分なので全く同じ効果とは言えないかもしれない。私は効果の差を感じないが・・・。

保険が効かないので高い

 そして【第(2)類医薬品】リビメックスコーワ ローション(セルフメディケーション税制対象)(8g)【リビメックス コーワ】は保険が効かないので高い。ドラッグストアなどにもよるが1本(8g入り)で800円弱はする。病院に受診して処方箋で薬を貰えば3割負担で済むのだが市販薬はそうはいかないのだ。だから病院受診までのつなぎとして使用し、できるだけ早く受診して貰うようにしている。

寒くなるとリドメックスコーワローションの使用量が増加

IMG_0037

 これからの季節は寒くなり空気が乾燥するので頭皮のかさつきはどんどん酷くなるだろう。何も薬をつけないと大変なことになってしまう。そのため朝晩のリドメックスコーワローションの塗布が大切になってくる。その分使用量も増えるので切らさないようにしなければいけない。今度受診したときには、いつもより多め(10本以上?)に処方してもらおうと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする