嘘だっ!アトピーは脱ステ、脱保湿しないと治らないなんて

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 「アトピー性皮膚炎は脱ステ、脱保湿しないと治らない」と言われることがある。でも私は全く共感できない。この反対でステロイド外用薬と保湿剤の使用はアトピー性皮膚炎治療に必須のものだと思っている。

なぜ脱ステ、脱保湿

 まずはなぜ「脱ステ、脱保湿」と言われるのだろうか?

 脱ステに関してはステロイド外用薬の副作用が問題視されているのだろう。「ステロイド外用薬を使うと白内障になる」「ステロイド外用薬を使うと骨がボロボロになる」「ステロイド外用薬を使うと皮膚が黒くなる」など。ただこれらの副作用は内服薬のステロイドのものであったりと誤解されていることがほとんどだ。

 また、脱保湿に関しては保湿剤を使うと「肌本来の保湿機能が失われる」「自然治癒力が奪われる」などと言う意見があるからだろう。ただ水分保持力が低いアトピー肌に保湿剤を使わないと皮膚はガサガサになる。そしてガサガサ肌をそのままにしておけば外部からの刺激に対してより敏感になりかゆみも増強してしまう。そしてアトピーは間違いなく悪化してしまうのだ。

アトピー治療にステロイド外用薬、保湿剤は必須

 アトピー性皮膚炎の炎症やかゆみを速やかに抑えるのはステロイド外用薬以外ないと私は思っている。また皮膚の水分保持能力が落ちているアトピー肌には保湿剤の使用は必要不可欠だ。

 私は17歳から20歳まで脱ステを行い散々な目に合った。脱ステロイドで地獄の生活を送っちゃったよ~高校時代編~脱ステロイドで地獄の生活を送っちゃったよ~大学時代編~参照。脱ステは本当に危険だ。アトピーが一気に悪化して人生を諦めてしまうことにもなりかねない。もし行うならまずはステロイド外用薬をしっかり使用し寛解状態を保ってから行うべきだ。私は脱ステを経験した後、ステロイド外用薬の必要性を痛感した。そして再度使うことにした。今ではステロイド外用薬を適正に使うことにより良好状態を保つことができるようになった。

 また、保湿剤に関しても一日二回の入浴後に白色ワセリンで保湿することにより顔のアトピーを良好な状態に保てている。重症アトピーからの帰還~私がアトピー改善のために行った3つのこと~参照。

脱ステ、脱保湿は絶対にしてはいけない

 私の経験上、脱ステ、脱保湿は絶対にしてはいけないことだ。適正な強さのステロイド外用薬を適正な場所に適正な期間塗ること、それにより速やかに炎症を抑えることが大切だ。また、乾燥を防ぐために保湿剤を継続使用することがアトピー性皮膚炎を良好に保つためには必要だと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする