塗り薬は面倒!アトピーの治療は内服だけではダメなの?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

塗り薬を塗るのに一回20分

「あ〜毎日毎日薬を塗るのが面倒だな・・・」

 時々薬を塗ることが面倒になることがある。塗り薬(ステロイド外用薬)を塗らないとアトピーが悪化するのは目に見えているので必ず塗るのだが、やはり面倒だ。私のアトピーは頭から足まで全身にわたっている。そのため塗り薬も患部によって使い分けて全身に塗っている。頭はローション、顔は弱いステロイド、体はやや強いステロイド。一日二回、一回塗るのに約20分ほどかかる。もう十何年もこの生活を続けている。一回塗るのに20分もの時間をとられるのは辛いものがある。

かゆみ止め単独では炎症を抑えることができない

 時々「飲み薬だけでアトピーをコントロールできないかぁ」と思うことがある。かゆみ止めだけでアトピーが良くなれば、塗り薬を塗ることに時間をとられることもなく楽な生活を送ることができる。ただ、かゆみ止めだけではアトピーをコントロールすることは到底無理だ。なぜならかゆみ止めにはアトピーの炎症を抑える効果がないからだ。かゆみ止めはかゆみを軽減させるにはとても有効だが、単独では炎症を抑えることができないのでステロイド外用薬の補助療法として用いられるのが一般的なのだ。そのためこれからも塗り薬は続けないといけないだろう。そのおかげでアトピーの状態も軽快しているので仕方ないのだが・・・

内服でアトピーをコントロールできれば・・・

 アトピー治療の主となるものが現在は外用治療になっている。副作用の問題などがあり局所に作用する外用薬が適しているのだろう。ただこのさきアトピー治療薬が研究され内服だけでアトピーをコントロールできるような日がくれば嬉しく思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする