安心!ステロイド外用薬では顔は丸くならない

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 「ステロイド外用薬を使うとムーンフェイスと言って顔が丸くなる!」確かにステロイドには顔がむくんできてまん丸になる副作用(ムーンフェイス)がある。ただ、間違ってはいけないのが、それは内服薬や注射薬の副作用であって外用薬で現れることはないのだ。

ステロイド外用薬で全身的な副作用は現れない

 ステロイドには色々な剤形がある。錠剤などの内服薬や液体の注射薬、軟膏などの外用薬など。このうち内服薬や注射薬は効果が高い反面、副作用も強く全身的なものが現れやすい。一方、外用薬は皮膚などの局所に作用するので全身的な副作用は現れない。顔が丸くなるのは全身的な副作用なので外用薬では現れることはないのだ。

 実際、私は30年以上顔にステロイド外用薬を塗っていたが顔が丸くなることはなかった。逆に脱ステロイドでステロイド外用薬をやめていたときには炎症で顔が腫れて今の1.5倍ぐらいにパンパンになったぐらいだ。

 ではなぜステロイド外用薬で顔が丸くなると言われるのだろうか?

同じステロイドと言うことで副作用を混同

hatena

 理由としては前述したように内服薬や注射薬と外用薬では副作用が違うのに混同してしまっているからだろう。同じステロイドと言うことで副作用も同じと勘違いしている人がいるのだ。

ステロイド外用薬の副作用を誤解しないように

kouritu

 内服薬や注射薬の副作用と外用薬の副作用も同じと認識してしまうと「ステロイド外用薬は怖い薬だ」と思ってしまう。こうなるとステロイド外用薬の忌避に繫がり必要なときに使えなくなるので適切な医療が受けられなくなる。ステロイド外用薬は医師の指示のもと適切に使用すれば安全性も高い薬なので、もっと正しい情報が伝われば良いと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする