市販薬のリビメックスローションを使ってみた!その効果や評価は?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 頭皮のアトピー性皮膚炎にはローションタイプの塗り薬がおすすめだ。軟膏やクリームだと髪の毛が邪魔して塗りにくい。その点、ローションタイプだと塗りやすく頭皮にも浸透していく。私が普段使っている薬はリドメックスローション。ミディアムクラスのアンテドラッグであり、かさつく頭皮に使っている。(アンテドラッグステロイドって何!?参照)

 薬を使わないと瞬く間に悪化する私のアトピー。だから切らす訳にはいかない。だが稀に薬がなくて病院にも受診する時間がないときがある。そんなときは市販薬で代替している。今回はリドメックスローションが切れたときに私が市販薬で使っている薬についてお伝えする。

リドメックスローションには主成分が同じ市販薬がある

dav

 リドメックスローションの代替薬として市販で購入している薬は★リビメックス コーワローション 8g  〔指2類医〕/ゆうメール限定送料無料/返品交換不可/セルフメディケーション税制対象だ。なぜこれを使っているかと言うと主成分が同じプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルだからだ。主成分が同じなら薬の効果もそこまで変わらないだろうと思ったのだ。さらにメーカーも同じ興和株式会社。これは安心だ。

リビメックスローションは濃度が薄い

dav

 リドメックスローションの代替薬になりうるリビメックスローションだが、実は主成分の濃度が違う。前述したように同じプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルが含まれているのだが、市販薬であるリビメックスローションの濃度は半分なのだ。見た目的にもリビメックスローションは少し薄い気がする。ただ、塗り心地や伸び具合などの使用感は変わらなかった。

薬品名 主成分 濃度
リドメックスローション プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 3mg/g
リビメックスローション プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 1.5mg/g

リビメックスローションの効果は?

 肝心の効果はどうだろうか?かさつきや炎症を軽減できるのだろうか?かさついている頭皮に使ってみた。

 病院に受診するまでのつなぎで使っているので短期間の使用だが、主観的な意見を言うとリドメックスローションと効果に大差はないと感じた。同じようにかさつきを軽減できたしアトピーが悪化することもなかったのだ。

 濃度が半分でも効果まで半分と言う訳ではないのだ。以前にこのblogでも書いたがステロイド外用薬を薄めたからといって効果が弱くなったり副作用が軽減される訳ではないのだ。えっ!?ステロイドは薄めても効果が変わらない?参照。

リビメックスローションは14倍お金がかかる

 一番の問題は費用だ。市販薬として買うと当たり前だが保険が効かない。10割全額を負担しなければいけないのでお金がかかるのだ。病院で処方してもらうと3割負担ですむ。その差はでかい。

 以前、病院でリドメックスローションを10本(100g)処方してもらったときに調剤薬局で支払った薬代は1,070円だった。リビメックスローションは8gで1,198円。換算するとなんと14倍ほど違うのだ。診察費用が含まれていないし受診の手間を考えていないので一概に「高くてダメだ」とは言えないが・・・。

薬品名 金額 1gあたりの金額
リドメックスローション 100gで1070円 10.7円
リビメックスローション 8gで1,198円 149.7円

応急処置的にリビメックスローションで対応する

dav

 市販薬のリビメックスローションを使ってみた感想を言うと、一番大事な効果に関しては不満はなかった。私のアトピーが悪化することもなかったし、リドメックスローションの代替薬として十分使えるレベルだった。

 ただ、やはり薬代が高いと思った。私の場合は頭皮のアトピーも全体に広がっており、使う量もかなり多い。多い時は10gを3〜4日で使いきってしまうこともある。だから高額なリビメックスローションを使い続けると懐にかなりの負担がかかってしまうのだ。

 また、アトピー性皮膚炎の場合、市販薬で長期間対応するのは危険だ。皮膚の状態を定期的に診てもらい、それに合った薬を処方してもらう必要があるからだ。(アトピーは慢性疾患なのでいつも同じ薬のことが多いけど・・・)

 だから、あくまで応急処置的な対応として市販薬を利用する。「どうしても病院にいけない。でも薬が切れしまう」そんなときに、★リビメックス コーワローション 8g  〔指2類医〕/ゆうメール限定送料無料/返品交換不可/セルフメディケーション税制対象で対応するのはありかもしれないと思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする