明日は結婚式!すぐにアトピーを良くしたいときの方法とは?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 多くの人が集まる場に出席するとき、例えば結婚式や同窓会などに行くときにはできるだけアトピーの状態が良いときに行きたい。久しぶりに会う友人や知人に奇麗な顔を見せたいからだ。

 ただ、アトピーはそんなことおかまいなしに悪くなることがある。突然強い痒みが襲ってきて掻きむしる。そして酷い顔で大事な日を迎える。最悪だ。

 そんなとき私が裏技的に使っているアトピーをすぐに良くする方法がある。前もって言っておくが、これは緊急事態用の方法で普段から行うことではないので注意してほしい。

いつもより強いステロイドを使う

 結論から言うといつも使っているステロイドより「ワンランク強いステロイドを使う」ことだ。ステロイドは強さによってランク付けされている。効果が弱く副作用が少ないウイークから効果が強く副作用が現れやすいベリーストロングまでの5ランクに分けられている。

  

ステロイドの強さ(ランク) 名前
弱い(weak) オイラックスHなど
中程度(medium) ロコイド、キンダベートなど
強力(strong) リドメックス、ボアラなど
かなり強力(strong) マイザー、アンテベートなど
最も強力(strongest) デルモベート、ジフラールなど

  

 例えば、いつもは顔に中程度(medium)のロコイド軟膏を使っているとする。(実際私が使っている薬だ)「明日大事な日なのに顔のアトピーが酷い!なんとかしたいっ!!」と言うときにはワンランク上である強力(strong)のリドメックス軟膏を使うのだ。そうすると顔の症状はすぐに良くなるのだ。

あくまで緊急事態用

 ただし、ステロイドによるアトピー治療は、適した強さのものを適した部位に使うことが大切だ。そうしないと副作用が現れやすくなる。皮膚は顔や腕などにより薬を吸収する強さが違う。薬を良く吸収する顔に強いステロイドを使うと副作用が現れやすくなるのだ。

 だから今回の方法は緊急事態用であり普段から行うことはやめておいた方がよい。まあ1日、2日強めのステロイドを使ったとしても副作用が現れることはないと思うが。また、この方法を実践するには医者からワンランク強いステロイドを処方してもらう必要がある。

アトピーをすぐに良くする裏技を知っておく

 アトピーは突然悪化することがよくある。大切な日を酷い状態で迎えないためにアトピーをすぐに良くする裏技を知っておくのも悪くないと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする