海外旅行でアトピーを悪化させないために私が行ったこと

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

海外旅行に行っても大丈夫

 私は今まで一度だけ海外に行ったことがある。新婚旅行で行ったイタリアだ。7泊8日で行ったのだが旅行の前は楽しみな反面、不安もあった。旅行でアトピーが悪化しないか不安だったのだ。イタリアは気候など日本とは色々と違うところがあるので私の体にその水が合うのか心配だった。またアトピーが悪化したり他の皮膚症状が現れてもすぐには病院へ行けないので不安もあった。

 だからイタリア旅行ではアトピーが悪化しないように十分注意した。海外旅行でアトピーを悪化させないために私が行ったことは次のようなことだ。

長時間のフライトはかゆみ止めが必要!?

 まず最初の問題は長時間のフライトだ。イタリアまでは十何時間も飛行機に乗っていないといけない。アトピーの私にとって長時間じっとしているのは辛い。疲労やストレスでかゆみがでてくるからだ。だからかゆみがでないように前もって「かゆみ止め」を服用した。普段は痒いときだけ飲んでいるのだが、飛行機に乗る前に飲んでおいたのだ。そして手荷物の中にもかゆみ止めを入れておき、効果が切れる頃にもう一回飲むことにした。こうすることによって長時間のフライトでもかゆみがでることはなかった。

時差ぼけで不眠にならないように!

 次の問題は時差ぼけだった。時差ぼけで眠れなくなることが心配だったのだ。なぜなら私にとって眠れないことは、即アトピーの悪化に繫がるからだ。睡眠不足になるとすぐに肌が荒れたりかさつきが酷くなってしまう。なんとか時差ぼけの影響を受けないようにしたいと思っていた。そこで私は薬の力に頼ることにした。時差ぼけ対策として睡眠作用のある安定剤を持っていくことにしたのだ。時差ぼけで生活のリズムが崩れないように薬を持っていき服用した。薬は初日と二日目に服用した。薬のおかげでイタリアでの生活のリズムを保つことができ睡眠不足にもならずにすんだ。

塗り薬も必ず持っていく

 そして最後の問題は気候や食べ物が変わることによる症状悪化だ。ただこれはどうしようもないことだ。だから普段と同じようにステロイドの塗り薬をしっかりと塗ることで対応した。ステロイドの塗り薬は容器に入っていてかさ張るのだが、かゆみ止めや安定剤と一緒に持っていくことにした。そしていつもと同じように毎日1日2回塗るようにした。海外にいても普段と同じようにステロイドを使用することでアトピーが悪化することはなかった。

アトピーを悪化させずに旅行は楽しめる

 イタリアに行く前はアトピーのことが不安だったが、全くと言っていいほど問題にはならなかった。しっかりとした対策を行えばアトピーを悪化させることはなかったのだ。そしてイタリア旅行を思う存分楽しむことができた。この旅行を機に、あまりアトピーのことを気にせずとも色々なところへ行けるんじゃないかと思えるようになった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする