痛っ!朝起きたら発疹が!?アトピーはヘルペスにかかりやすい!

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 「痛っ!」

 風呂場で顔を洗ったときにしみるような痛みが走った。頬を見ると2mmほどの赤い炎症ができていた。最近は寒さで乾燥しているし皮膚がひび割れのような状態になって痛みが起こっているんだろうとそのときは思った。いつものようにステロイド外用薬を塗って対応し特段気にすることもなかった。

 それから2日経ち今朝起きてみて見ると同じような発疹が頬に広がっていた。写真のように10個ほどの発疹だ。さすがにこれはおかしいと思い「まさかヘルペスっ!」ととっさに考えがめぐった。短期間での発疹の広がり、患部の痛み具合などヘルペスの症状に似ているのだ。

 アトピーはヘルペスを併発しやすい。疲れていて体の免疫が落ちていれば誰でもかかることがある病気だが、アトピーの場合は皮膚の免疫も落ちているのでヘルペスになりやすいようだ。ご多分に漏れず私もヘルペスにはなりやすい。今まで何度もかかってきた。

 注意をしなければいけないのはその治療法だ。アトピーとヘルペスの症状は一見似ていることもあるので間違えやすいが、治療法は全然違う。ヘルペスはウィルスが悪さをして現れているので治療には抗ウィルス薬を使わないといけない。しかし、アトピーと間違えてステロイド外用薬を使ってしまうと症状が増悪することがあるのだ。実際ヘルペス(カポジ水痘様発疹症)にステロイド外用薬を使ってしまい症状を悪化させてしまったこともある。ステロイドはダメ!おでこにアトピーとは違うカポジ水痘様発疹症

 さっそく私はヘルペスと思われる患部にステロイド外用薬を塗ることをやめた。そして抗ウィルス薬であるバルトレックスを服用した。これは以前ヘルペスにかかったときに皮膚科からもらった薬で同じような症状が現れたときは服用するよう言われて持っていた薬だ。

 バルトレックスを服用して5日後。写真のように症状は治まった。自己判断での薬の服用に心配はあったがヘルペスは悪化することなく治まった。アトピーの場合はヘルペスなど他の皮膚病にもかかりやすいので本当に注意が必要だ。いつもと違う症状があったときにはすぐに皮膚科に受診するのが一番だと思うが、それが無理なら私のようにバルトレックスなどの薬を常備しておくことが必要かもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする