絶対にやってはいけない3つのアトピー悪化の原因

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピーには「これをするとマズいよな」ということがある。日頃の生活の中で注意しないとたちまち悪化してしまうことがあるのだ。今回は日常生活の中で私が注意している3つのことについてお伝えする。

① 紫外線はアトピーの天敵

 アトピーにとって紫外線は天敵だ。普通の肌ならある程度の水分保持力を有しているため紫外線をブロックできる。しかし、アトピーの肌は水分保持能力が低く防御力は最弱ですぐにやられてしまうのだ。あっという間に真っ赤になってしまう。

 写真は二時間程度屋外にいたときのものだ。火傷したみたいになってしまった・・・。日焼けによる肌は必ずと言っていいほど乾燥し、アトピー悪化に繫がる。

 そのため紫外線には十分注意しなければいけない。

② 便秘ではアトピーは良くならない

 便秘が続くとアトピーによる肌荒れが酷くなる。便が長時間腸にとどまることにより腐敗し有毒ガスを発生する。それにより腸内環境が乱れ体の免疫にも悪影響を与えてしまうのだ。健康な人でも便秘で肌荒れを起こすのにアトピーのものが酷くなるのは当然のことだ。

 アトピーが重症化していた頃の私はかなりの便秘症だった。一週間出ないこともざらにあったし、便意があっても我慢していることさえあった。便秘がアトピーに悪影響を与えるなんて思ってもいなかったのだ。ただ、便秘解消に取り組むようになってからアトピーの状態は随分良くなった。やはり便秘とアトピーは密接に関係しているのだ。

③ 暴飲暴食すると肌荒れ増加

 「健康には腹八分」と言うが、これはアトピーにも当てはまる。暴飲暴食するとアトピーが悪化するのだ。これには前述したように腸内環境が関係している。食べ過ぎると一度に大量の食べ物が腸へ流れ込む。腸は消化吸収するためにかなりのエネルギーを消費してしまう。腸が疲弊してしまうのだ。また肉類や糖類を大量に摂取すると悪玉菌の餌になってしまう。これらのことから暴飲暴食は腸内環境を悪化させてしまうのだ。腸内環境の悪化はアトピー悪化にも繫がる。だから暴飲暴食はアトピーにとって注意しなければいけないことなのだ。

日常生活に注意しながら治療していく

 今回は日常生活の中で私が特に注意している3つのことについてお伝えした。「日焼け」「便秘」「暴飲暴食」はアトピーと上手く付き合っていく為に絶対にやってはいけないことだ。それによりアトピーが瞬く間に悪化してしまうからだ。アトピーを良くするには時間がかかるが悪化するのは簡単。だからこれらのことを注意しながら適切に薬物療法を併用していく。それがアトピー寛解に繫がることだと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする