脱ステロイドをしてもステロイドを使おう

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 脱ステロイドをして半年ほどが経った。顔には白色ワセリンしか塗っていない。朝と晩一日二回シャワーを浴びて、その後にたっぷり白色ワセリンを塗る。それで良好状態を維持できているのだ。詳しくは30年以上アトピーである私が脱ステロイドに成功した方法参照。これだけ長い間アトピー性皮膚炎を患っていて脱ステロイドができるなんて思っていなかったので自分でもビックリしている。

 ただ、最近顔のアトピー性皮膚炎が悪化してきたんだ・・・。

おでこから頬にかけてアトピー悪化

bty

 アトピーが悪化してきた原因はわからない。アトピーとはそんなもんだ。原因不明の病気だからアトピー=奇妙なと言う意味で呼ばれているぐらいだから。

 おでこから頬にかけて炎症が広がってきた。かゆみもある。やはり白色ワセリンだけでは限界なのだろうか。そこでステロイド外用薬を再開することにした。

ステロイド外用薬をたっぷり塗る

 使用したステロイド外用薬はロコイド軟膏と白色ワセリンが混合されたものだ。顔専用の薬として以前にもらっていたのだ。それを白色ワセリンの代わりにたっぷりと顔に塗った。

 ステロイド外用薬もそうだがアトピー性皮膚炎の塗り薬はたっぷり塗ることが重要だ。薄く伸ばして塗ると効果が思うように発揮されないことが多いからだ。

ステロイド外用薬は効果が高い

bty

 ステロイド外用薬を塗って3日後には写真のような状態になった。炎症は治まりきれいな肌になった。さすがステロイド外用薬だ。

 ただ、もう暫くステロイド外用薬を使おうと思っている。見た目では炎症が治まっていても内部ではまだ燻り続けていることが多いからだ。あと一週間ほど続けて様子を見てまた白色ワセリンに戻そうと思っている。

アトピー性皮膚炎にステロイド外用薬は必要

 ステロイド外用薬を塗って再確認したことがある。それはアトピー性皮膚炎にステロイド外用薬は必要と言うことだ。

 ステロイド外用薬を我慢して使わずアトピー性皮膚炎を悪化させると皮膚には勿論悪いのだが、それ以上に精神衛生上良くない。「今日の肌は調子悪いな」と思って過ごすのがしんどいのだ。逆にステロイド外用薬を使ってきれいない肌にしてやると気分も晴れやかになる。

 ステロイド外用薬を使って副作用を心配する辛さよりもステロイド外用薬を使わずアトピー性皮膚炎を悪化させるしんどさの方がよっぽど大きいのだ。

アトピー悪化ならすぐにステロイド外用薬を使おう

 ステロイド外用薬に対する副作用が心配になるかもしれないが大したことはない。所詮皮膚が薄くなる程度だ。30年以上ステロイド外用薬を使ってきた私はそう思っている。

 脱ステロイドできるならすれば良いのだが、無理に脱ステロイドをすることには反対だ。しっかりステロイド外用薬を使って良好状態を保ったあとに徐々に減らしていき最終的に脱ステロイドまでもっていくことが大切だ。

 そして今回の私のように時にはアトピー性皮膚炎が悪化することもある。そんなときは躊躇せずステロイド外用薬を使うべきなのだ。脱ステロイドをしても状態によってはステロイド外用薬を使う必要があるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする