衝撃のニュース?アトピー性皮膚炎にワセリンが効果的!?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 先日、アトピー性皮膚炎に対するニュース記事を見た。それは「アトピー性皮膚炎にワセリンが効果的」と言う理化学研究所の記事だ。その記事の内容を簡潔に言うと「ワセリンの使用で炎症を起こす細胞が皮膚に集まるのを防ぎ、アトピーの発症を抑えることができる」と言うのだ。

 マウスを使った実験結果のようだが、人にも共通する仕組みがあるようで今後のアトピー性皮膚炎の治療に影響を与えるかもしれない。ステロイド外用薬なしでアトピー性皮膚炎を治療できるなら夢のような話だ。

いやいやワセリンでアトピーを抑えるなんて無理でしょ!

 「今更ワセリンなんて効果がある訳ない!」
 「ステロイドを含有しないワセリンでアトピーを抑えることなんてできない!」
と言うような声もあるだろう。

 確かにそうだ。今まで長年アトピーで苦しんできてステロイド外用薬で抑えてきたものにとっては理解しがたいことだ。私もその一人である。アトピー治療の主となるのはステロイド外用薬と思っているので「ワセリンでアトピーの発症を抑えることができる」と聞いても「そんなアホな」と思ってしまうのだ。

 半年前の私なら確かにこのように思っていた。しかし実は今は少し違うのだ・・・。

顔にワセリンを塗って寛解状態に

 実は今の私はこの記事を見てものすごく納得することができたのだ。なぜなら、私もワセリンの効果を実感しているからだ。

 以前、顔にヘルペスの様な発疹ができたことがきっかけで、ステロイド外用薬をやめて白色ワセリンを使ったことがある。えっ!?ヘルペスがきっかけで脱ステロイド!参照。「ステロイド外用薬をストップしたら悪化するだろうな・・・」と思いながら白色ワセリンを使ったのだが、思いのほか悪化しなかったのだ。

 実はそれ以来、顔の大部分には白色ワセリンを塗っている。おでこなど炎症が酷い箇所にはステロイド外用薬を使っているが、それ以外は白色ワセリンを塗っているのだ。以外や以外白色ワセリンでもアトピーを抑えることができ、寛解状態を保つことができているのだ。

患部によってステロイドとワセリンを使い分ける

haku

 なので今回の理化学研究所の記事が出たときに「やっぱりか」と言う気持ちがあった。ワセリンはアトピーに効果的と言うことを再確認することができたのだ。

 ただ、今でもやはりアトピー治療の主となるのはステロイド外用薬だと思っている。なので症状や患部によってステロイド外用薬と白色ワセリンを使い分けていこうと思う。

ワセリンと言う選択肢が増えると嬉しい

kouritu

 アトピー性皮膚炎と長年付き合いステロイド外用薬を使っていると副作用に対する不安はあるだろう。そんな中でワセリンと言う選択肢が増えることは嬉しいことだ。今後更に研究が進み、ワセリンの効果的な使い方などの詳細がわかれば嬉しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする