首筋の赤みに救世主っ!その名は「プロトピック軟膏」

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 頬骨から首筋にかけて常に炎症で赤い。何十年と悩んできた問題だ。ステロイド外用薬であるロコイド軟膏をずっと塗っていたのだが、なかなか良くならない。首筋なのであまり強いステロイド外用薬を使う訳にもいかないし「どうしようかな・・・」とずっと悩んでいた。

 しかし、そんな長年の悩みを解決してくれる薬があったのだ。

アトピー性皮膚炎診療ガイドラインをきっかけに

 あるとき「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版」を見る機会があった。そこには顔や首のアトピーに対して高い適応のある薬剤としてプロトピック軟膏が紹介されていた。プロトピック軟膏はステロイド外用薬とは違う作用機序で炎症を抑え、ステロイド外用薬では治療が難しかったアトピーに対しても有効性を期待できるようだ。

 まさに自分の顎骨から首筋のアトピーに対してピッタリの薬だと思った。そこで医師と相談してプロトピック軟膏を使うことにした。ガイドラインの評価が高いのでプロトピック軟膏に再挑戦してみた!参照。

プロトピック軟膏の副作用は数日で治まった

 プロトピック軟膏を使うと最初はヒリヒリとした火照り感が現れた。顔や首筋がホカホカしてきた。ただしこれは数日間継続使用することで軽減した。またプロトピック軟膏の使用でニキビやおできができやすくなると言われていたが、私の場合は全くと言っていいほど問題なかった。

顎骨から首筋にかけての炎症は軽減

 写真はプロトピック軟膏を使って半年後の現在の状態だ。顎骨から首筋にかけての炎症が治まり、赤みが随分引いてきた。だいたい毎日このような状態をキープできるようになってきた。

アトピーには標準的治療が一番?

 さすがステロイド外用薬と双璧をなすアトピー性皮膚炎治療薬のプロトピック軟膏だ。効果は高い。ステロイド外用薬が使いづらい顔や頸部のアトピーにはもってこいの薬だと思う。完全には治まっていないが何十年と悩んでいた赤みは半年で随分少なくなってきた。

 ガイドラインで記載され推奨されている薬だけのことはあるなと思った。また、今回プロトピック軟膏を使ってみてアトピー性皮膚炎にはステロイド外用薬やプロトピック軟膏による標準的治療が一番効果が高いんだなと再確認した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする