2016年、私のアトピー性皮膚炎を振り返って

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 2016年は私の30年以上続くアトピー生活の中でも画期的な一年だった。アトピーに対する治療法や考え方が変わった。また去年に引き続き生活習慣の改善も継続することができた。アトピーをより良い状態にするために行動できた1年だったと思う。

減ステロイドに成功

 一番はステロイド外用薬を減量することに成功したことだろう。ステロイド外用薬を週2回ほど使ってあとの5日は白色ワセリンを使用するプロアクティブ療法と言う治療法を実践したのだ。実践!アトピーである私のプロアクティブ療法体験談参照。減ステロイドできるかどうか不安に思いながら実践したのだが、顔のアトピーはこの方法で寛解状態を保つことができている。

 今まで何十年も「ステロイド外用薬は必ず毎日使わないといけない」と思っていた。だから私のアトピーでもステロイド外用薬を減量できるとわかって嬉しくなった。そしてなんだか安心した。しかし間違ってほしくないのだが脱ステロイドをしている訳ではない。減ステロイドをしているのだ。私のアトピーにステロイド外用薬はやはり必要な薬だ。だから来年以降も脱ステロイドではなく減ステロイドでアトピーとうまく付き合っていきたいと思っている。

腸内環境改善に成功

 去年から引き続き行っている腸内環境の正常化。具体的には便秘を改善することなのだが今年も毎日便通があった。えっ!?毎日うんちがでるとアトピーの赤みがひいてきた!?参照。これによりアトピー性皮膚炎が悪化することは随分少なくなった。野菜をまず食べるようにしたし毎日便座に座る習慣も続けた。2016年は腸内環境正常化に成功した年だった。

一日二回の入浴

 2016年も毎日一日二回の入浴を欠かさなかった。そして入浴後はしっかりとたっぷりと薬を塗り続けた。これにより清潔で血流が良くなった肌に薬を塗布することができた。薬の効果を最大限に引き出せたと思っている。アトピーを寛解状態に保つためには一日二回の入浴を続けれたのは大きいと思う。1日2回のお風呂でアトピー改善!?参照。

2016年反省すべきこと

 反省点もある。日焼け対策をせず屋外に出て酷い目にあったこともあった。アトピーなのに真っ赤に日焼けしてしまったときの対処法参照。また特大お好み焼きを食べて脇腹がかぶれたようになったこともあった。えっ!?食べ過ぎはアトピーに悪いのか?参照。まだまだ注意不足でアトピー性皮膚炎を悪化させてしまうこともあった2016年だった。

来年もアトピーを寛解状態に保てますように

 それでも2016年のアトピー生活を振り返ると今までの人生の中で一番皮膚の状態は落ち着いていたのではないかと思う。ステロイド外用薬を減量しながらも効果的に使えたし腸内環境や便通も改善することができた。本当に良い一年だったと思う。皮膚科の先生や生活習慣の改善に協力してくれた妻に感謝したい。もうすぐ2017年。来年も今年と同じようにアトピーを寛解状態に保てるようにしていきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする