アトピー性皮膚炎におすすめの保湿剤とは

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

アトピー性皮膚炎に保湿剤は必須だ。急性期はステロイド外用薬やプロトピック軟膏などの治療薬がメインとなるが寛解期になると状態を維持するスキンケアとして保湿剤の出番がやってくる。

今ではプロアクティブ療法といって週に2回ほど定期的にステロイド外用薬などを塗り、その他は保湿剤を塗り続ける治療法もある。それぐらい保湿剤の重要性は高まっているのだ。

では選ぶとしたらどのような保湿剤が良いのだろうか?

私がおすすめするのはヘパリン類似物質。病院ではヒルドイドやビーソフテンと言う名前で使われている保湿剤だ。美容にも良いとされ医療保険を使い美容目的で処方を求める人が多く問題になっているほど人気のある保湿剤だ。

ヘパリン類似物質は保湿作用だけでなく、抗炎症作用もあり皮膚がケロイドのように赤く盛り上がっているのを抑える効果も持ち合わせている。塗ったときの刺激が少ないのも嬉しい。

アトピー肌である私の娘も長年ヘパリン類似物質を予防的に使っているが寛解状態をずっと保つことができている。本当におすすめの保湿剤だと思う。

実は、ヘパリン類似物質は市販でも購入することができる。【第2類医薬品】HPクリーム(60g)【HP(エイチピー)】【第2類医薬品】 ピアソンHPクリーム 50g メール便送料無料[定形外郵便]マーカムHPクリーム 50g×2個セット【第2類医薬品】[乾燥肌のかゆみ・炎症に]と言う名前で販売されているのだ。

病院に行くほどの症状ではなかったり、忙しくて受診できないときなどは代替薬になるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする