デルモベート軟膏を市販薬や個人輸入で代替することができるのか?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 デルモベート軟膏。ストロンゲストクラスのステロイド外用薬であり、最も強力な部類に位置する薬だ。サイヤ人で言えばベジータ、ワンピースで言えば白髭のようなかなり強く効果がある薬だ。

 今ではほとんど使うこともなくなったが、アトピーがかなり悪化していたときはデルモベート軟膏を使っていた。炎症がかなり酷い箇所や皮膚が肥厚化していた手の甲など、他のステロイド外用薬ではどうにもこうにも良くならないときに処方してもらっていたのだ。

 そんなデルモベート軟膏だが市販や個人輸入で代替薬があるのだろうか?今ではドラッグストアでステロイド外用薬を買えたり、インターネットで個人輸入することができる時代だ。

 まずは市販薬でデルモベート軟膏の代替薬があるのか調べてみた。

市販薬はストロングクラスまで

 ドラッグストアなどで市販薬として売っているステロイド外用薬はミディアム(中程度)クラスやストロング(強力)クラスまでのものばかりだった。デルモベート軟膏のようなストロンゲスト(最も強力)クラスのステロイド外用薬はさすがに売っていなかった。ストロンゲスト(最も強力)クラスのステロイド外用薬を使うぐらいの症状のときは医者に診てもらえということなのか。

 同じランクのステロイド外用薬が売っていないので代替薬を見つけるのは無理があるが、もし私が市販薬から選ぶとしたら【第(2)類医薬品】フルコートf(5g)になるだろうか。ストロングクラスのステロイド外用薬であり、市販薬の中ではランクが高いクラスに属する。ただジフラール軟膏と比べると効果はかなり落ちてしまうが・・・

 次ぎに個人輸入でデルモベート軟膏の代替薬があるのか調べてみた。

個人輸入ならストロンゲストクラスのステロイド外用薬が・・・

 個人輸入とは、個人が自分で利用することを目的に海外から薬を購入することだ。「輸入」と言うと仰々しさを感じるが、個人輸入代行業者を利用すれば普通のネットショッピングとなんら変わりはない。自分自身で使うことや自己責任で対応することなどのルールを理解していれば怖いものではない。実際、私も男性型脱毛症治療薬を個人輸入でお世話になっている。30代、薄毛に悩むアトピーの私がプロペシアをはじめました!参照。

 話が逸れたがオオサカ堂と言う個人輸入代行業者でデルモベート軟膏の代替薬があるのか調べてみた。するとなんとデルモベートそのものが売っていたのだ!デルモベートクリーム(Dermovate)15gデルモベートスカルプローション(Dermovate Scalp Application)

 ただ、個人輸入で売っているのは軟膏タイプではなくクリームタイプやローションタイプだった。「なんでクリームやローションがあって軟膏がないんだよ!」とツッコミを入れたくなるがデルモベート軟膏は売っていなかった。

 他のストロンゲスト(最も強力)クラスのステロイド外用薬で軟膏タイプを探してみた。するとハロベート(Halovate)0.05%軟膏と言う薬があった。軟膏タイプだが正直聞いたことがない名前だ。「ハロベート」で検索して調べてみると、どうやら国内では未承認の薬らしい。あまり知らない薬を代替薬として使うのは怖い。だからもしデルモベート軟膏の代替薬を個人輸入で探すなら私だったら剤形は変わるがデルモベートクリーム(Dermovate)15gを選ぶだろう。

 ただ、さすが個人輸入。市販では売っていないストロンゲスト(最も強力)クラスのステロイド外用薬を購入することができるのだ。どうしても病院に受診できないときなどには利用するのも一つの方法かもしれない。

デルモベート軟膏を代替薬で対応するのはNG?

By: www.audio-luci-store.it

By: www.audio-luci-store.it

 今回はデルモベート軟膏の代替薬を市販薬や個人輸入で調べてみた。市販薬では同じランクのステロイド外用薬が売っていなかったが、個人輸入では購入することができるようだ。

 しかし、私はあまりお勧めしない。デルモベート軟膏を使うケースと言うのは皮膚症状がかなり悪化しているときだ。そんなときに自己判断で薬を選択するのは危険だ。更にデルモベート軟膏はストロンゲスト(最も強力)クラスのステロイド外用薬であり効果が高い反面、長期連用で副作用の危険性もある。だからそのようなときは医者に診てもらうのが一番良い選択になるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする