あっ!?今日はアトピーのかゆみが強い!そんなときに重宝する薬とは

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピーと言うものは厄介な病気で良くなったと思ってもまたすぐに悪化する。良くなって悪くなってを繰り返す病気だ。悪くなるときは強いかゆみも共にやってくる。かゆみは我慢できるものではないので本当に辛い。

 そしてそのかゆみに対しても何も対処せず掻いてしまうとアトピーが悪化してしまう。アトピーが悪化すると更にかゆみが増しまた掻いてしまう。悪循環に陥ってしまうのだ。

痒くない状態にすることが大切

 だからアトピーが悪化してかゆみがでてきたら何かしらの対処をする必要がある。まず痒い状態をなんとかすることが大切なのだ。私の場合はかゆみが酷くなりそうなときに、フェキソフェナジンを飲むようにしている。フェキソフェナジンとは抗ヒスタミン剤と呼ばれるもので、かゆみの原因となるヒスタミンを抑える働きのある薬だ。要するにかゆみ止めだ。

 フェキソフェナジンを飲むと次第にかゆみが軽減される。ただ飲んですぐに効く訳ではないので、私の場合は「ちょっと痒いかな・・・」と思う程度でも飲むようにしている。かゆみが続く場合は1日2回の服用をかゆみが治まるまで続けている。それにより患部を掻かずにすみアトピーの悪化を防ぐことができるのだ。

眠くならないフェキソフェナジン

 フェキソフェナジンは抗ヒスタミン剤特有の眠気や怠さの副作用がない。以前私が飲んでいたアレトンと言う抗ヒスタミン剤は眠気や怠さが酷く、仕事に支障がでるほどだった。しかしフェキソフェナジンに変えてから薬の副作用で眠くなったことは一度もない。副作用はなく効果があるフェキソフェナジンはとてもいい薬だと思う。

フェキソフェナジンを手に入れる方法

 私はフェキソフェナジンを病院で処方してもらっている。いつも通っている皮膚科でステロイドの塗り薬と一緒に処方してもらっているのだ。

 ただフェキソフェナジンはドラッグストアで買うこともできる。ドラッグストアではフェキソフェナジンではなく、アレグラFXと言う名前で売っている。嵐の大野君がCMをしている薬だ。名前は違うが主成分は同じなので効能効果や安全性も全く同じである。

 また個人輸入で購入することもできる。個人輸入は副作用など何が起きても自己責任になるのでおすすめはできないが、できるだけ安くフェキソフェナジンを手に入れたいと思うなら一つの方法かもしれない。フェキソフェナジン塩酸塩(Telfast)60mg

アトピー悪化の悪循環に陥らないように

 アトピーのかゆみが強いときに重宝するのが抗ヒスタミン剤だ。中でもフェキソフェナジンは服用による眠気や怠さがないので仕事をしているアトピーの人にはおすすめだ。

 アトピーはちょっとしたことですぐ悪くなりかゆみが増す。そして「痒い→掻く→アトピー悪化→また痒くなる」の悪循環になる。そうならないためにも痒い段階で手を打つ必要があるのだ。それにはかゆみを抑えるフェキソフェナジンが必要なのだ。いつアトピーが悪化し痒くなっても大丈夫なようにフェキソフェナジンを私は常備している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする