リンデロンDPクリームを市販薬で代用することができるのか?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

 アトピー性皮膚炎の治療に頻用されるステロイド外用薬。中でもベリーストロングクラスのものはアトピーが酷いときに使われ速やかに炎症を鎮めることが期待できる。だから私は症状が悪化したときのために処方してもらっている。ただ、突然アトピーが悪化して薬を切らしてしまっている時は「市販で購入することができれば」と思う。今回はベリーストロングクラスのステロイド外用薬であるリンデロンDPクリームを市販で代用できないか調べてみた。

ベリーストロングクラスは市販では・・・

 昨今はステロイド外用薬でも市販で販売されている。医師の指示なしに購入することができるのだ。一昔前はステロイドと言えば「怖い薬」「悪魔の薬」とマスコミで取り上げられていたのに、市販で購入し自己判断で使えるなんてあの騒ぎはなんだったんだと思ってしまう。

 それでは肝心のリンデロンDPクリームだが市販であるのか調べてみると・・・残念、売っていない。同じ成分のものは市販では販売されていないのだ。また、代用薬として他のベリーストロングクラスのステロイドが売っているのかどうかも調べてみたが、売っていないようだ。やはりステロイドの中でも効果の強いものは市販では購入できないようだ。

ストロングクラスなら市販でも・・・

 ただ、ひとランク下がるステロイド外用薬なら売っている。ベリーストロングクラスの下のランクであるストロングクラスのステロイド外用薬なら市販でも購入することができるのだ。【第(2)類医薬品】ベトネベートクリームS(5g)【ベトネベート】【指定第2類医薬品】フルコートF 5Gはストロングクラスのステロイド外用薬であり医師の指示なしに薬局やドラッグストア、インターネットで購入することができる。

 ひとランク下がるのでリンデロンDPクリームほど効果は高くないだろう。代用品になるかはわからないが、市販ではベリーストロングクラスのステロイド外用薬は売っていないので仕方がない。

個人輸入ならリンデロンDPクリームの代用品が・・・

 実は薬を購入する方法は他にもある。個人輸入だ。個人で使用する薬を自己責任のもと海外から輸入する方法だ。個人輸入ならステロイド外用薬も幅広く扱っており、なんとリンデロンDPクリームの代用薬となる薬も販売されているのだ。名前はベタメタゾン0.05%(ダーマベル)。リンデロンDPクリームと同じ主成分であるベタメタゾンジプロピオン酸エステルが配合されている。市販薬とは違い個人輸入ならベリーストロングクラスのステロイド外用薬も購入することができるのだ。

 他にもフルメタクリームと主成分が同じであるトップコート(Topcort)0.1% 15gやネリゾナクリームと同じ成分であるネリゾン(Nerisone、ネリゾナ)Cクリーム0.1%も販売されている。

リンデロンDPクリームの代用薬を使うときは

 今回はリンデロンDPクリームを市販薬で代用することができるのか調べてみた。市販ではベリーストロングクラス以上のステロイド外用薬は販売されていないので、リンデロンDPクリームの代用薬を探すのは厳しいかもしれない。代用するならストロングクラスのステロイド外用薬になるだろう。しかし、個人輸入ならベリーストロングクラスも販売されおり代用薬の選択肢は増える。

 ただ、あくまでステロイド外用薬を代用するのはどうしても病院に受診できなくて薬を切らしているときだけにした方が良いだろう。基本的には医師の診察を受けて適正な判断のもとステロイド外用薬は使っていくべきだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする