アトピーは母親のせい?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

「子供がアトピーなのは母親である私のせいなのかな・・・」

このように思って子供に申し訳ない気持ちになったり、苦しんでいる方がいるかもしれません。

でも苦しまないでください。

子供は母親がそのように苦しんでいると思うだけで辛くなります。

アトピーだからと言って母親を恨むことはない

私はもの心ついた時からアトピーでした。

いつもカサついた肌でボリボリ手足や顔、首筋などを掻いていた子供でした。

小学校に上がる頃に「あれ?なんか違うぞ・・・。みんなはツルツルの肌なのに僕だけガサガサしている」と感じ始めました。

それからはアトピーに打ち負かされる日々で本当に辛い思いをしてきました。

アトピーが重症化し入院も2回経験しました。

でも一度たりとも母親のせいと思ったことはありません。

正直「なんで自分はアトピーなんだろう」と思うことは何度もありましたが、母親を恨んだことは一度もありません。

逆に「こんな面倒な子供で申し訳ないなぁ」「お母さん、大変だな・・・」と思うことはありました。

私のアトピーのせいで大変な思いをしてきたからです。

子供は母親の愛情を実感している

私が子供の頃は毎日のように母親に薬を塗ってもらいました。

仕事や家事、姉弟のことなど色々と大変な中で嫌な顔一つせずに薬を塗り続けてくれました。

決して裕福ではないのに「アトピーにはこれが効く!」と言う情報を得ると迷わず購入して試してくれました。

今思うとアトピー商法に引っかかっていたのだと思うんですけど(笑)。

でもそれだけ必死で私のアトピーを少しでも良くしようと奔走してくれました。

そんな姿を見て私に対する愛情を実感することができました。

だからアトピーだからと言って母親を恨むことはありませんでした。

今まで通りいつも通り愛情を持って対応すれば良い

おそらく世の中のほとんどの母親が子供のアトピーに対して全身全霊をかけて「少しでも良くしてあげたい」と行動していると思います。

そんな姿を子供は見ています。

愛情を実感しています。

だから「子供がアトピーなのは母親である私のせいなのかな・・・」と落ち込まないでください。

そんな姿を見るのは子供も辛いです。

今まで通りいつも通り愛情を持って対応してくれればそれで良いのです。

少し上から目線ですが私の経験談も込めてお伝えしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする