子供のアトピーにおすすめできる保湿剤とは?

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

アトピーにとって保湿はかなり大切です。

アトピーの肌は乾燥しやすく、それにより痒みが増したり炎症が悪化したりします。

乾燥を防ぐために保湿をしていないとカサカサになって痒くて我慢できなくなるのです。

そんなか、アトピーの子供にもおすすめできる保湿剤は何なのか?

今回は子供におすすめできる保湿剤についての記事を書きます。

子供にお勧めの保湿剤は「ヘパリン類似物質」

dav

結論から言うと子供にお勧めする保湿剤は「ヘパリン類似物質」です。

ヘパリン類似物質は成分の名前です。

商品名で言うと医療用ではヒルドイドやビーソフテン、市販では【第2類医薬品】【健栄製薬】ヒルマイルド クリーム 60gなどがあります。

保湿剤の中にはワセリンやウレパールなどもありますが「ヘパリン類似物質」が保湿剤としては一番お勧めできます。

なぜ「ヘパリン類似物質」がお勧めなのか?

私がお勧めする一番の理由は経験談によるものです。

娘が使っておりとても効果が高いのです。

娘は2歳のときにアトピー性皮膚炎と診断されました。

私の遺伝子をモロに受け継いでしまったので仕方ないです。

でも自分と同じような辛い経験をして欲しくない一心で子供のアトピーに対してどうすればよいのか勉強しました。

子供のアトピーに関する書籍などを読み漁りました。

その中の一つに幼少期、もしくは乳幼児期からしっかりと保湿をすることでアトピーの悪化を防ぐことができると知ったのです。

それ以来、1日2回欠かさず保湿を続けました。

娘は現在12歳。

時々、肘の内側がカサつくことがあるようですが、見た目にはアトピーとは全く思えないような健康的な肌をしています。

そして現在まで使っている保湿剤が「ヘパリン類似物質」なのです。

保湿剤はより良い状態になってから

子供のアトピーにとって保湿剤はお勧めなのですが使う上で注意点があります。

それは皮膚の状態によっては保湿剤だけではなくステロイドも必要になってくることです。

娘は今でこそ「ヘパリン類似物質」しか使っていませんが、アトピー性皮膚炎と診断された当時はステロイドを使っていました。

保湿剤だけでは当時の娘のアトピーを良くすることが難しかったのです。

まずはリドメックスと言うステロイドで速やかに症状を抑えることが優先されました。

そして皮膚の状態がかなり良くなってきた後、保湿剤に切り替わりました。

要するにステロイドである程度まで皮膚の状態を良くしておき、その良い状態を保つために保湿剤を使い続けることが大事なのです。

迷っているなら「ヘパリン類似物質」がお勧め

子供のアトピーにお勧めできる保湿剤は【第2類医薬品】【健栄製薬】ヒルマイルド クリーム 60gなどの「ヘパリン類似物質」です。

経験談から一押しの保湿剤です。

また、「ヘパリン類似物質」は医療用として使われることもあるぐらい信頼できる薬であり、女性が美容目的で使うこともある人気の保湿剤です。

子供の保湿で何を選べば良いか迷っているのなら本当にお勧めできる薬です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする