肌荒れでワセリンはおすすめできるのか?〜アトピー持ちの個人的感想〜

こんにちは。アトピーと付き合い始めて30年以上のタカヒロです。

ワセリンは手軽に購入できる皮膚を保護する塗り薬です。

安価なので継続して使いやすいのがメリットです。

そんな【送料無料・北海道・沖縄除く】白色ワセリン HGワセリン 500gですが肌荒れにおすすめできるのでしょうか?

今回はアトピー持ちの私が実際にワセリンを使ってみた感想をお伝えします。

肌荒れにワセリンはおすすめ!

結論から言うとおすすめできると思います。

朝の洗顔後や夜の入浴後に塗ることによって保湿効果もあるし皮膚を保護してくれる効果もあるので肌荒れにお勧めできます。

実際に私は半年ほど【送料無料・北海道・沖縄除く】白色ワセリン HGワセリン 500gと呼ばれるワセリンを顔に塗布していました。

アトピー持ちの私はステロイド剤も使っているのですが状態が落ち着いているときには白色ワセリンを単独で使用しています。

そのときの皮膚の状態によっては白色ワセリンだけでも症状を落ち着かせることができるのです。

ただし、アトピーなので季節の変わり目などで悪化することもあるので、そんな時はステロイドを使っています。

肌荒れの炎症や痒みが強い場合にはワセリンでは抑えられないかもしれませんが、ある程度落ち着いていて「この状態をキープしたいな」という感じならおすすめできる薬です。

ヘパリン類似物質よりもワセリンがおすすめ?

市販の薬の中にはヘパリン類似物質と呼ばれるものがあります。

この薬も保湿剤としてはかなり有名です。

CMではKing & Princeの永瀬廉が一押ししていますね。【第2類医薬品】ヒルマイルド クリーム(60g)

カサカサしていて乾燥が強い肌荒れの場合にはヘパリン類似物質がおすすめできるかもしれません。

ただし、私には合いませんでした。

クリーム様の塗り薬なので少し刺激が強すぎました。

その刺激で逆に痒みが増してしまったのです。

その点ワセリンは軟膏タイプなので刺激感は少ないです。

しっかりと皮膚を保護したいならワセリンの方がおすすめできると思います。

ワセリンの注意すべき三つのこと

私の経験上ワセリンは肌荒れにおすすめできます。

ただし、注意点が三つあります。

  • テカること
  • 効果を見極める
  • 純度を気にする必要はない
  • ワセリンはテカる

    まず一つ目は「テカること」です。

    透明の軟膏タイプなので顔に塗るとテカリます。

    テカリを抑えるためには薄くなるしかないのですが、これはおすすめできません。

    薄く塗ると思った様な効果を得ることができません。

    塗り薬はある程度テカるぐらいの厚さに塗った方が効果的には良いのです。

    なので効果を優先してテカリは我慢するしかないですね。

    ワセリンの効果を見極める

    次に二つ目は「効果を見極める」ことです。

    ワセリンは皮膚を保護する効果のある薬ですが炎症を抑える力は少ないです。

    ワセリンを塗っていて赤みや痒みが強くなったときにはステロイドなどに切り替える必要があるのです。

    実際に私もある程度皮膚の状態が良いときにワセリンを使っていました。

    「あれ?ちょっと炎症が出てきたな」といったときにはステロイドに切り替えていました。

    そして「皮膚の状態が良いぞ」となったときにワセリンに戻すのです。

    肌荒れがそこまで酷くないならワセリンだけで問題ないと思いますが悪くなったり良くなったりする場合には「効果を見極める」ことが大切です。

    ワセリンの純度を気にする必要はない

    そして三つめは「純度を気にする必要はない」です。

    ワセリンには純度の違いによって「黄色ワセリン」「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」があります。(右にいくほど純度が高い)

    一般的に純度が高いほど値段が高くなる傾向にあります。

    しかし、そこまで高純度のワセリンを使う必要はないと思います。

    実際、私が使っていたのは下から二番目の「白色ワセリン」です。

    「白色ワセリン」でも私にとっては十分効果がありました。

    「白色ワセリン」と「サンホワイト」では5倍以上値段が違うこともあります。

    しかし、値段差ほどの効果の違いはないのです。

    流石に「黄色ワセリン」はおすすめできませんが「白色ワセリン」以上のものなら「純度は気にする必要なし」なのです。

    肌荒れで悩んでいるのならワセリンを試してみる

    dav

    肌荒れに【送料無料・北海道・沖縄除く】白色ワセリン HGワセリン 500gはおすすめできます。

    アトピー持ちの経験談になりますが炎症がそこまで酷くないなら十分対応できると思います。

    ワセリンは薬局やドラッグストアで安価に購入できます。

    肌荒れで悩んでいるのなら一度試してみるのも良いかもしれません。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする